ポケパラ4Uロゴ

「ポケパラ4U(ふぉーゆー)」はキャバクラ初心者の子のためのHow Toや、いまスグ使えるステップアップ術などキャバクラで稼ぎたい女の子のための情報メディア。今をもっと楽しくさせる。

これで完璧!失敗しない友達営業で指名を取る4つの方法と注意点

友達営業は長い期間の来店を見込める営業方法 自分らしく働ける接客の仕方を伝授! 接客・サービス

友達営業とは お客さんと友達のような感覚で接してお店に来てもらったり、指名をもらったりする営業方法のことです。

長い期間、お客さんにキャバクラと女の子を楽しんでもらえる人気の接客法なので、多くの女の子がマスターしたくなる営業方法なんです。

この記事では、友達営業をうまく活用してお客さんに指名を取る具体的な方法と友達営業をする上で気をつけたいことを紹介していきます♪

目次

1.友達営業ははリスクが少ない!

友達営業は色恋・本彼営業とは違って、お客さんと恋愛の駆け引きをしない営業方法です。そのためお客さんとの衝突が少ないです。

ひとりの友達として会話やお酒の場を楽しむことができるので、気を遣わずありのままの自分で過ごすことができます。

さっそく、友達営業のメリットとどんなタイプの子が向いているのかを紹介します。

1.1友達営業のメリット

友達営業は新人キャバ嬢が最も取り入れやすい営業方法です。なぜなら友達営業は精神的な負担や身体的にきつくなることが少ないからです。

見栄を張ってお酒をたくさん飲むことがなく、自分の体調に合わせてお酒を調整することができます。さらに、一度にお金を出費することがないので長期的な指名はもちろん、定期的に来店してもらえます。

またお客さんとのトラブルや触られたり、告白をされることを回避できるので気楽に接客できる自由度の高い営業方法なんです!

1.2友達営業はこんな人に向いている!

友達営業をするにあたって、以下のような人ほど友達営業に向いていると言えるでしょう。

  • 自分をしっかり持っている
  • 聞き役に徹することができる
  • 自分の意見をはっきり言える
  • いじられキャラ
  • 場の空気を読める人
  • 具体的にいうと、場の雰囲気を盛り上げるのが得意だったり、少々口が悪くても自分の意見をはっきり言えたる子はストレスを多く溜めることなく自分らしく働くことができます。

    また酔っぱらったお客さんから言われた悪口を真に受けず、冗談で返せる子やネタにできる子の方が向いています。

    2.友達営業が一番やりやすい!基本的なやり方

    2.1お客さんのテンションに合わせて会話のテンポを決める

    お客さんの表情や今の気分、話す速度をじっくり観察して、お客さんに合った会話のテンポを決めましょう。自分がお客さんのテンションに合わせると、お客さんは親しみやすさを感じます。

    たとえばお客さんがゆっくり話しているなら、自分もゆっくり話す。早口なら早口で話す。お客さんが話をしたい人だったら聞き役になるなど。

    相手のテンションに合わせることコツは「口調」「声のトーン」「テンポ」「声の大きさ」です。

    類は友を呼ぶという言葉があるように、人は無意識に自分と似たようなタイプを選びます。そのためお客さんごとに合ったテンションに合わせていけば、お客さんはあなたに好印象を抱くでしょう。

    2.2自分の個性を発揮しつつお客さんへの気配りを忘れない

    友達営業をするなら、普段友達と接するような素に近い態度でお客さんと話しましょう。個性とは自分らしさです。自分らしさが出ていれば、お客さんの緊張がほどけ、素に近い姿を見せてくれます。

    友達のような態度で接客してもお客さんへの気配りを忘れないようにしましょう!具体的にお客さんが不快になる話題はしない、テーブルは常にきれいを保つなどを心がけると、自分の印象が良くなり、お客さんがずっとお店に通ってくれる可能性があります。

    2.3楽しい空間を共有しつつ丁寧な接客を心がける

    お客さんがキャバクラに通うのは、楽しい時間を過ごしたいからです。なにか仕事で嫌なことがあってもキャバクラに行けば気分転換ができると思って、あなたに会いに、元気をもらいにきます。

    お客さんがいつ来ても楽しい空間が作れるよう、面白い話をいくつか探してみたり、お客さんが不快な気分にならないよう身だしなみを整えるなどの丁寧な接客を意識しましょう!

    2.4友達営業のLINEの送り方・返信の仕方

    お客さんに送る友達営業LINEのポイントは、こちらです。

  • お客さんに送るLINEには敬意を示す
  • 自分の感情を特定のスタンプで表現
  • お客さんの気配りを忘れないこと
  • 話をそらせたいときは素直に苦手と言う
  • 友達営業が友人のような近い関係であっても、あくまでお客さんです。自分より目上の人ばかりなので、必ず敬意を持ってLINEを送るようにしましょう。

    たとえばお客さんを「さん」付けで呼ぶ、働く時間や休み時間を把握するなどの気配りひとつでも印象は全然違います。なので、お客さんが来店する頻度に合わせてLINEの回数を調整したり、話の内容を考えたりしましょう。

    友達営業のLINE例:
    女の子「〇〇さんこんにちは~!〇〇(店名)の▲▲(源氏名)だよ!昨日はお店に来てくれてありがとう!すごく楽しかったです。
    お客さんの返事
    女の子「そういえば、〇〇さんが話してくれた行きつけのカフェにランチ食べに行ってきたよ!追加文(疑問形)」(絵文字やスタンプ、場合によっては写真なども添えて)
    追加文一例:
  • 今度は、○○さんと一緒に行きたいな♬
  • 酔っぱらってたけど大丈夫だった?
  • 二日酔いは平気だった?
  • ××のことが知りたくて、読書しようと思うんだけどおすすめある?
  • など

    疑問形でラインを送ることで、返信がくる可能性が高くなります。また、最初の友達接客のやりとりは1~2回で済ませるようにしましょう。

    3.友達営業する上での注意点

  • 異性を感じさせないようにする
  • キャバ嬢を口説きたいお客さんかを見極める
  • 色恋と比べると単価が下がる
  • 女の武器が使えない
  • お客さんが頻繁にお店に来ないかも
  • お客さんに女の部分を感じさせてしまうと、友達営業がうまくいかなくなるかもしれません。異性を感じるようなトークはせず、楽しい会話で盛り上げるのが大切です。そして来店したお客さんが口説きたいのか、癒されに来ているのかの見極めも大事です。

    友達営業は新人キャバ嬢でも取り入れやすく、お客さんとトラブルになるリスクが少ないです。また、指名や売上が足りない時に助けてもらえます。長い目で見たら色恋営業をしているキャバ嬢よりも、多く売り上げを出すこともできるかもしれません。

    まとめ

    友達営業はお客さんと友達のような感覚で接してお店に来てもらったり、指名をもらったりする営業方法のことです。

    友達営業は新人キャバ嬢でも取り入れやすく、リスクが少ないです。また「精神的に楽」「お客さんとのトラブルが回避できる」「お客さんとの関係が長く続く」といったメリットがあります。

    新人キャバ嬢でも友達営業をして指名をとるために実践しやすい3つのやり方や、相手に迷惑がかからない友達営業ラインの書き方、友達営業する上での注意点などを知った上で始めてみてはいかがでしょうか。

    ⇒体験入店の検索一覧はこちらから 記事一覧へ

    新着記事

    ページトップへ