ポケパラ4Uロゴ

「ポケパラ4U(ふぉーゆー)」はキャバクラ初心者の子のためのHow Toや、いまスグ使えるステップアップ術などキャバクラで稼ぎたい女の子のための情報メディア。今をもっと楽しくさせる。

キャバクラ|飲み営業は無敵!お酒好き・お酒が強いなら飲みまくって稼ごう

お酒好きなら飲みまくろう!売り上げを上げやすい無敵の営業スタイル 接客・サービス

キャバクラではお酒が強い子はお客さんにもスタッフにも重宝される存在です。お酒をたくさん飲むことで、お店の売り上げに貢献できます。さらに、時給アップを見込める営業方法なので、お酒が強くて酔いづらい方に向いている接客なんです。

この記事では、お酒好き・お酒が強くて酔いづらい方ができる飲み営業のメリット・デメリットを解説!

また、飲み営業で稼げる方法や営業LINEなども紹介していきます。ぜひ、参考に最後まで読んでみてください。

目次

1.お酒を飲みながら接客するなら【飲み営業】

シャンパンを乾杯している女性たち

お酒が強い女の子がキャバクラで働くなら「飲み営業」がピッタリ。飲み営業とはその名の通り、お酒をたくさん飲んで接客する営業方法のことです。お酒が強い女の子であれば誰でも簡単にできます。

お酒好きなお客さんや場を盛り上げてほしいお客さん、お金に余裕があるお客さんなどが主なターゲットです。飲み営業をするお客さんを見極めることで、指名客が増えたり、お店のスタッフからの待遇が良くなる可能性があります。

1.1飲み営業に向いている人・向いていない人

具体的にどんな子が飲み営業に向いているかまとめました。

飲み営業に向いている人 飲み営業に向いていない人
・お酒が好きで強い
・飲んでも酔いにくい
・元々両親もお酒が強い
・自分の良い加減を知っている
・二日酔いになりやすい
・お酒が飲めない/弱い
・飲むとろれつが回らなくなる
・酔うと暴言や暴力がでる

残念ながら、1杯飲んだだけで酔ってしまう人は向いていません。しかしお酒が飲めない人でも、キャバクラで稼ぐ手段はたくさんあるので、安心してくださいね。

飲み営業をする前に自分が酔っぱらったらどうなるのか知ることが大切です。酔っぱらって暴力や暴言を吐いてしまうと、お客さんに迷惑がかかったり、お店の物を壊してしまう可能性があります。

飲み営業は友達営業と組み合わせることで色んなお客さんから指名されるようになります。

関連記事

キャバ嬢の営業方法全6種類!自分に向いている働き方が必ず見つかる♡>

2019年10月29日

2.女の子にとっての飲み営業のメリット

喜んでいる人たち

2.1お店からの待遇が良くなる

お酒が飲める子は飲めない子よりもお店の売り上げに貢献できるため、お店からの待遇が良くなります。

多くのキャバクラ店ではポイント制を取り入れています。ポイント制とはキャバ嬢の実績によってお給料が変わっていくシステムのことです。

例:場内指名0.5pt 本指名1pt ドリンク1杯0.5pt
※お店によってポイントの点数は違います。

特にお酒好きのお客さんに気に入られれば、ドリンクのおかわりが簡単にもらえたり、指名が増えることがあります。お酒が強いことはキャバクラでは強力な武器になります。

2.2お酒好きのお客さんから好かれる

お酒好きなお客さんはもちろん、お酒が飲めなくても女の子の飲みっぷりを見て満足する人、ワイワイ楽しくお酒を飲みたい人に大人気です。

お酒好きの女の子が気に入られる理由は5つあります。

  • 「同じペースでお酒が飲めるから」
  • 「楽しそうに飲むから」
  • 「本音を言い合えそうだから」
  • 「社交的で頼りがいがありそう」
  • 「すぐに仲良くなれそう」

お酒が弱くて飲めない女の子よりも、勢いよく飲んでくれる子の方が一緒にいて楽しいはずです。

お酒好きなお客さんを見つけるために、フリーや指名、ヘルプで接客しているときに「お酒は好きで飲める人か」聞いてみましょう。会話中に「私もお酒が好き!」とアピールすることで、次回来店したときに指名してくれるかもしれません。

自分という存在をお客さんに知ってもらうために、お酒が好きなことをアピールしましょう。たとえばブログやお店のプロフィールページにお酒が飲めること書く、名刺に「お酒大好き◯◯」と書くなど、少しでもお客さんの目に止まってもらうような工夫が大事です。

2.3お酒が飲めないキャストに好かれやすい

友達

お酒が飲めないキャストにとって、お酒が飲める子は救世主のような存在です。お客さんにボトルを貰ったとき、飲めないキャストだとボトルを空にするのに時間がかかります。

お酒が飲める子がヘルプすれば、空になるペースが少しでも早くなります。本指名されたキャストはお酒の量が減って助かります。ただしあくまでヘルプなので、本指名の女の子よりも飲み過ぎるのはNGです。

お酒が飲めない子のフォローをすれば、自分の味方になってくれるかもしれません。1人でも味方がいればお店の居心地が良くなり、長く働くことができるはずです。

2.4ドリンクのノルマを簡単に達成できる

お店によってはドリンクのノルマがあります。ノルマを達成できないと、罰金を払わないといけないことも。お酒が飲めない子より、飲める子の方が早くノルマをクリアしやすいと言えます。なぜなら1日に何杯でもお酒が飲めるからです。

お酒が好きなお客さんは、酔っぱらったら財布の紐が緩む人もいます。おねだりをしたら、簡単にドリンクのおかわりをもらえるでしょう。

たとえば10日間(1クール)で50杯貰わないといけない場合、1日に10杯飲めれば5日間で達成できます。お酒が強い子はキャバクラで働くのに有利なんですよ。

3.お店にとって飲み営業が重宝される理由

3.1お店への売り上げ貢献をしてくれる

飲み営業ができる人は、アルコールが強いお酒やシャンパンなど価格が高いボトルが入る機会が増えます。そのため飲めない子よりもお店の売り上げに貢献できます。お酒の値段は安いものなら2,000円、高いものなら10万円を超えるものもあります。

お酒が飲めない子は、ノンアルコールドリンクやカクテルなど度数の弱いものしか頼めません。一般的に1杯1,000円~2,000円ほどなので、たくさん出ない限りお店の売り上げには繋がりません。

お酒を飲んで、お店の売り上げに貢献することで時給があがるなどのメリットがでてきます。

3.2テーブルを盛り上げてくれる貴重なキャスト

シャンパンをグラスに注ぐ

お酒が飲めるお客さんにとって、飲める女の子というのは、それだけでテーブルが盛り上がります。盛り上がれば場の雰囲気で、ドリンクのおかわりも貰いやすいです。お客さんとの会話が盛り上がらず、シーンとなっている席よりも、盛り上がってる席の方がお酒が出る速度も違います。

お客さんは楽しい気分になれるし、お店は売り上げアップ、自分はバックがもらえるなどWIN-WIN尽くしなんですよ。

3.3ヘルプの席でサポートできる

お酒が苦手なキャストや未成年キャストのヘルプができるため、スタッフから頼りにされます。どのキャストにヘルプをしてもらおうかと迷っているスタッフの負担が減らせます。

スタッフに頼られる理由
  • お客さんが入れてくれたボトルを飲んでくれる
  • どんなお酒でも飲んでくれるピンチヒッター
  • お酒をオーダーしたお客さんも不快になりにくい
  • お酒が苦手なキャストなどのヘルプができれば、スタッフからの評価が高くなります。フリー客が来店したときに、優先的に接客させてくれるなどのチャンスがもらえるかもしれません。

    4.飲みすぎ注意!飲み営業のデメリット

    4.1飲み過ぎると肝臓を傷める

    お酒を飲み過ぎてしまうと二日酔いになってしまったり、肝臓のアルコールを分解する力が弱くなってしまいます。

    とくに肝臓を痛めると、「肝臓疾患」という病気にかかってしまう恐れがあります。肝臓は異常が起きても、何の症状も出ません。そのため病気にかかっていると気づくのが遅れてしまい、重症化していたというケースもあるのです。病気にかかってしまう前に、自分の身体は自分で守りましょう。

    飲み営業をする日、しない日を決めて、肝臓を休ませることをおすすめします。お店のスタッフにアルコールの量を減らしてもらったり、ノンアルコールのドリンクにしてもらったりと対処しましょう。飲み営業を長く続けるためには必要なことです。

    関連記事

    【完全版】二日酔いに効くおすすめ対処法と事前にできる対策法7選>

    2019年11月11日

    4.2お客さんによっては嫌がられる

    飲み営業をするときは、お客さんのタイプを見極めましょう。お酒が飲めないお客さんやドリンクをあまり出したくないお客さんからすれば、おねだりは「たかり」になってしまいます。

    お酒が飲めるお客さん、お財布が潤ってそうなお客さん、おおらかなお客さんなどに飲み営業が有効的です。

    席に着いたらすぐにお酒をおねだりするのではなく、会話を盛り上げてから、お客さんにお酒を飲めるかを確認してみましょう。

    それ以外のお客さんに飲み営業すると、次回来店以降指名してくれなくなるため、注意が必要です。

    5.飲み営業で売上アップする方法

    札束をばらまく女性

    5.1お店やブログでお酒が飲める子アピールをする

    お店のホームページ・女の子のブログを見てから来店するお客さんもいます。特に新しく入った女の子は注目度が上がります。プロフィールページに「酒豪」や「具体的にどれくらいお酒に強いのか」を紹介するといいでしょう。

    お酒が強いといっても人それぞれ認識が違います。好きなお酒や飲めるお酒をプロフィールで書いたり、ブログに写真を載せたりすると、お客さんがイメージしやすくなります。

    酔っぱらうと甘えん坊になるよ!と飲んだときにしか出ないギャップを出すことで、その姿が見たくてドリンクをたくさんもらえるかもしれませんね。

    5.2お客さんのテンションに合わせてお酒をもらう

    まずはお客さんと盛り上がる共通の話題を探したり、お客さんが身に着けているものを褒めたりなどして場を盛り上げましょう。

    なぜなら指名・フリー席についてすぐにお酒をおねだりすると、お客さんから「自分との会話を楽しむつもりはないのかな?」と不快に思われてしまうからです。

    お客さんが楽しい気分になれば、ドリンクのおねだりが成功しやすくなります。お客さんがお酒を飲んでハイテンションになれば、財布の紐もゆるくなります。ドリンクのおかわりをもらえる可能性がアップするでしょう。

    6.飲み営業向け営業ライン

    どの営業方法にも当てはまりますが、まずはお客さんとの信頼関係を築くことが大切です。お客さんと仲良くなっていないのに「今日◯◯さんと一緒にお酒飲みたいな♡」だけのラインはお客さんに営業だと思われてしまいます。

    お酒以外での共通点も見つけておく必要があります。お酒好き以外の接点もあれば「お酒が飲めて趣味の合う女の子」として、一緒にいてさらに楽しいと意識してくれるかもしれません。

    お客さんともっと仲良くなるために趣味の話をしたり、軽口が叩けるくらい仲良くなりましょう。

    そこまで信頼関係が築けていれば「一緒にお酒飲もう!」とラインしただけで来てくれるようなお客さんになってくれるはずです♪

    まとめ

    飲み営業はお酒が強い女の子にとって最強の営業方法です。「肝臓を痛めてしまう」「飲み営業をしてもいいお客さんを見極めないといけない」というデメリットもあります。

    しかし「お客さんにもお店のスタッフにも人気」「早い段階で待遇が良くなる」「お酒が飲めないキャストに好かれやすい」などデメリットを上回るくらい飲み営業にはメリットがあります。

    自分の武器を存分に活かせる「飲み営業」を使って、キャバ嬢デビューしてみませんか?

    記事一覧へ

    新着記事

    ページトップへ