ポケパラ4Uロゴ

「ポケパラ4U(ふぉーゆー)」はキャバクラ初心者の子のためのHow Toや、いまスグ使えるステップアップ術などキャバクラで稼ぎたい女の子のための情報メディア。今をもっと楽しくさせる。

キャバ嬢ができるモテテクニック!男性客を自分の虜にする方法♡

男性客の心を落とすモテテクニック 接客・サービス

キャバクラは女性同士の競争が激しい世界です。稼ぐためには少しでも多くの指名を獲得しなければならないため、ライバルに差をつけられるようスキルを磨く必要があります。しかし、来店するお客様には様々なタイプの方がいるため、一般的なマニュアル本で学んだ接客スキルだけでは、うまくいかないこともあると思います。

そこで今回は、指名獲得につながるキャバ嬢の接客テクニックを紹介します♪今よりも指名数を増やして稼ぎたいというキャバ嬢の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

1.お客さんがキャバクラに求めていること

お洒落なカフェ

まず最初に、キャバクラに来るお客さんの多くは「女性と楽しくお酒が飲みたい」「話を聞いてほしい」「非日常的な所でリラックスしたい」など。キャバ嬢とのコミュニケーションを求めて来店する方が多いです。

そのためお客さんの欲求を満たすためには、綺麗な容姿や着飾ったドレスはもちろん、『接客中の会話』が重要です。気持ちが良い接客は、楽しい時間を演出し「またこの女性と話したい」という気持ちにさせます。

お客様から気に入られ、指名獲得を目指しているキャバ嬢であれば接客テクニックを身につけることが大切です。

2.キャバ嬢の基本テクニック【会話・行動編】

キャバ嬢がお客さんから好印象を持たれるためには、「会話・行動」の2つを意識した接客が重要です。ここでは、具体的なテクニックを4つ紹介していきます♪

2.1お客さんの話をしっかり聞く

お客さんの中には「話を聞いてほしい」という方が多い傾向にあります。そのため、キャバ嬢ばかりが一方的に話さず、きちんとお客さんの声に耳を傾けることが大切です。

お客さんの話を真剣に聞き、共感してあげることで、相手は承認欲求が満たされ安心感を抱きます。「この子が相手だと話しやすい」「ちゃんと聞いてくれているな」と思ってもらえれば、その心地良さを求めて、次回以降の指名につながる可能性が高いです。

2.1リアクションを少しだけオーバーに取る

両手をカメラに向けている外国人女性

大きめのリアクションを取ることで、お客さんは「話を聞いてもらえている」という満足感が得られます。わざとらしくならないよう、注意は必要にはなりますが、少しオーバーなくらいに反応してあげると効果的です。

また、リアクションがあることで会話も弾みやすくなります。楽しい空間を演出するためにも、相づちやオウム返しなどでしっかりとリアクションを取りましょう。

2.3どんな話題でも興味があるような姿勢を取る

キャバクラにおいて主役はお客さんです。そのためお客様が好きな話題で盛り上がれるように、どのような話題にも興味を示しましょう。知識がない話題であっても、一生懸命知ろうとする姿勢はお客様にとって好印象を残すことができます。

たとえば、自分がわからないことを話しているお客さんであれば、「○○ってどういうことなの?」と次の言葉に繋げるような疑問形を相手に投げかけると答えが返ってきます。その真面目さや健気さに心を打たれる男性が多いため、指名獲得への大きな1歩につながりますよ。

2.4お客さんが座る位置から近い場所へ

少なからず「物理的な距離=心の距離」と捉えるお客さんがいます。そのため、できるだけお客様の近くに座るよう心がけましょう。距離を詰めて「仲良くなりたい」と態度で意思表示することは、お客さんの心を開かせる有効なテクニックです。また、女性が近くに座ることで男性をドキドキさせる効果もあります。

3.キャバ嬢の基本テクニック【メール編】

愛のメッセージを送るスマホ

お店の外におけるコミュニケーションとして、「メール」は非常に重要な役割を果たします。メール1通でお客さんの心を掴むことも可能なため、以下の3点を意識して効果的なメールを送りましょう。

3.1お礼メールでは会話した内容を入れる

お客さんの中には「どうせ全員に同じ内容を送っているのだろう」と思っている方も少なくありません。しかし、会話した内容も含めたお礼メールを送ることで、お客さん一人ひとりに内容を考えてメールを送ってくれているという真心が伝わります。

また、会話の内容を忘れずに覚えているということに喜びを感じる方もいるため、内容を忘れないうちに、メールの文面を作成するか、メモを残しておきましょう。

3.2苦手なお客さんにもメールする

たくさんのお客様を接客していると、どうしても苦手な方に当たることもあります。しかし、苦手な方にも必ずメールを送りましょう。苦手意識を感じるお客さんは、まだキャバ嬢に対して心を開いていないだけの可能性があります。

メールでコミュニケーションを取っていく中でお互いに打ち解け、苦手なお客さんから親しみやすいお客様となることも期待できるため、諦めずに連絡を取りましょう。

3.3月曜日の朝一にメールを送る

月曜日

「これからまた一週間が始まる」と月曜日の朝、憂鬱になっているお客さんが多くいます。しかし、憂鬱な月曜日の朝だからこそ、キャバ嬢から労いの言葉が届くと、お客様からの好感度が一気に上がります。

「今週も頑張ってね」という一言に救われる方も多くいるため、必ず月曜日の朝一にメールを送ってあげましょう。

4.男性客が好きな仕草!おすすめモテテクニック

稼げるキャバ嬢は、男性を落とすためのさまざまなモテテクニックを習得しています。ここでは、男性のハートを掴むテクニックを3つを紹介します!

4.1接客中や同伴は常に笑顔でいる

笑顔は「明るい」「親しみやすい」など好印象をお客さんに与えることができる大事な動作です。どんな人でも、笑顔を向けられて嫌な気持ちになる方は少ないでしょう。

大げさに言ってしまえば、とっびきりの笑顔をお客さんに向けると、コロッと落ちてしまうものです。また”男は単純な生き物”という言葉があるように、可愛い笑顔に胸を打たれやすいので、積極的に笑顔でいることを心がけましょう。

4.2顔を覗き込んで話す

下から男性の顔を除く外国人女性

お客さんが自分の返答に困ったとき、「どうなの?」「どうしたの?」と言いながら、顔を覗き込むようにして目を見つめてみましょう。この仕草は、自然と顔の距離が近づくだけではなく、上目遣いになります。

グッとお客さんとの距離を縮めることができるので、時々会話中に盛り込んでみると継続的に指名してくれる可能性が高いです。またお客さんからすると、自分に興味があるのかな、この子可愛いなと思ってくれやすく、好印象を残すことができます。

頻繁に行うとあざといですが、時々行うと効果は絶大です。正面で向き合って話す時とは異なるシチュエーションに、男性をドキッとさせられます。

4.3「できない」と弱みを見せる

男性は女性に頼られたい願望が強いです。そのため、女性が素直に「できない」と甘えるとサポートしてあげたいという気持ちが芽生えます。

たとえばお客さんから食事に誘われた場合、どうしても行きたくないときがあると思います。何度も断ってしまうのはお客さんに対して失礼に当たりますが、たまには「今日は体の調子が悪くて、ゆっくり休みたいな」「〇〇に行く予定があって行けないんです・・・」と素直に言葉を伝えで上げましょう。

このとき、相手に申し訳無さそうな雰囲気をかもし出すことが大切です。普段弱みを見せない子ほど、効果的になるテクニックです!弱みを見せることで男性は女性を放っておけなくなり、徐々に一緒にいてあげたいという気持ちが芽生えます。

5.しっかり稼げるまであと1歩!キャバ嬢の同伴テクニック

スマホを触っている女性

5.1同伴の誘い方:甘えてお願いする

少しでも多くの同伴を行いたいキャバ嬢に対し、お客様の中には「デート代がかかる同伴はしたくない」という方も少なくありません。そのようなお客様に対して上手に同伴をお願いするためには、テクニックが必要です。

男性は女性からのお願いに弱い生き物です。さらに、甘えた声や上目遣いでおねだりされると断れなくなり、同伴を了承してくれる可能性が高くなります。
しつこく同伴をお願いするとお客様が離れる恐れがあり注意が必要ですが、キャバ嬢に甘えられたいというお客様も多いため、適度に甘えてみましょう。

5.2同伴の誘い方:言葉で攻める

上目遣いや甘えた声だけではなく、言葉巧みに男心をくすぐることで、同伴を快諾させるテクニックもあります。具体的には、以下のような言葉が効果的です。

  • デートしたいな
  • もうちょっと一緒にいたいな
  • 意外とベタな甘え文句が、男性には効果的なため、ぜひ実践してみましょう。

    関連記事

    同伴の誘い方|誰でもできるテクニックと注意点をどこよりもわかりやすく紹介>

    2019年10月15日

    まとめ

    稼げるキャバ嬢となるためには、お客様が喜ぶ接客テクニックを身につけなければなりません。お店の中で行う会話や仕草でお客様を魅了することで、指名や売上の増加につながります。さらに、営業メールを工夫することも、指名を増やす上では効果的です。

    キャバクラで働き始めた方だけではなく、指名が伸び悩んでいるベテランの方も、男性心理を研究し、お客様が喜ぶ接客テクニックを身につけ、稼げるキャバ嬢に成長しましょう。

    ⇒体験入店の検索一覧はこちらから 記事一覧へ

    新着記事

    ページトップへ