ポケパラ4Uロゴ

「ポケパラ4U(ふぉーゆー)」はキャバクラ初心者の子のためのHow Toや、いまスグ使えるステップアップ術などキャバクラで稼ぎたい女の子のための情報メディア。今をもっと楽しくさせる。

元新宿キャバ嬢森山まなみにインタビュー!OLとキャバ嬢の両立って難しいの?

昼はOL夜はキャバ嬢元キャバ嬢の森山まなみにインタビュー まなみのお悩み相談室
目次

森山さんの現在のプロフィールを教えて下さい!

森山まなみ
名前:森山まなみ
出身:新潟県新潟市
血液型:A
誕生日:12月12日
趣味:読書、仕事できるカフェや居場所探し
職業:会社役員、作家、ライター

Q.キャバ嬢になったきっかけは何ですか?

スカウト?ボーイズバーで遊んでいたら、そこの店長さんに系列のキャバクラに誘われたので。同じ飲むなら、お金もらって飲んだ方が得だと思って、ものすごーく気楽&いい加減な気持ちでキャバ嬢デビューしました。

Q.いくつから、キャバクラ店で働いていましたか?キャバクラ歴は何年?

19歳から35歳まで16年くらい。大学生でキャバ嬢デビューして、就職でいったん辞めたものの、9時5時残業ナシの会社でアフターファイブが暇すぎて半年でキャバ嬢に復帰しました。ずっと副業キャバ嬢で専業になった経験は実のところナシ。

Q.働いていたお店を選んだキメてを教えて下さい。

立地、働きやすさ、スタッフ(黒服)など。 デビューのお店は当時新潟で一番の繁華街・古町。ふだん遊んでいた街だったので、お店の前や後に遊べるから立地的にもOKだし、知り合いも多かったので問題ナシでした。

お店の卒業後は横浜で就職したので会社と反対方向であまり遠くない繁華街で、かつ自宅最寄り駅沿線(東横線)ということで自由が丘のキャバクラに。自由が丘駅でキャッチによく声を掛けられていた&大手のレジャラースグループだったのが決め手。

その後も誘われるままに渋谷、歌舞伎町、銀座とお店を移ったりもしたけれど、一番長かったのは歌舞伎町で、卒業は新宿CATSでさせていただきました。

Q.お仕事をする上での失敗談はありますか?

山ほどあったはずだけど覚えてないです(^^;。お客さんに怒られたり、黒服に怒られたりしながらプロになっていくんでしょう。

そういえば、自分がしてきた失敗のほとんどは、原作を書いた「ママはキャバ嬢!」のエピソードになっています(笑)。自分の経験がネタだったので。 書いてない失敗だと、ホテルに連れ込まれそうになったりとか。

ママはキャバ嬢

Q.お店ではどんな営業方法でお客さんの指名を取っていましたか?

メインは友達営業。今のようにブログがなかった時からキャバクラ雑誌のwebサイトでキャバ嬢日記を書かせてもらっていたので、営業はweb集客が半分くらい。

他はフリーのお客さんだったり、知人友人遊び仲間がお客さんで来てくれたり。いきつけサロンの担当美容師さんだったり、飲みに行った先で知り合った人だったりも。

Q.キャバクラと言うと、お酒を飲むイメージが強いですが、体型維持はどうやっていましたか?

ありがたいことにあまり太らない体質だったので特にナシ。実のところ、あまり食に興味がないので食べなくても平気だから太らないのかもです。お米がそんなに好きじゃなくてあまり食べないのが自然と糖質制限になってる?

Q.キャバ嬢として仕事をしていたとき、一番嬉しかったことは?

誕生日に初めて花輪をもらった時。 専業キャバ嬢でなくずっと副業だったし、メディアへの露出NGだったからお店として大々的にイベントを打たれることもなかったので、誕生日と言えども地味に営業するのが普通だったのが、キャバ嬢ライターみたいな感じで仕事もするようになって、知る人ぞ知る的なキャバ嬢として知名度?人気?が出てきたあたりの誕生日に仲良しのお客さんからドドーンと花輪をいただいて、びっくりしたのとすごく嬉しかったのを覚えてます。

二番目に嬉しかったのは、「本を出しませんか?」と言われて、「嬢マニュアル」を出版したことでしょうか。

嬢マニュアル

Q.お店を辞めたきっかけと、その後の活動を教えて下さい!

きっかけは「嬢マニュアル」出版。キャバ嬢を卒業したのは「けじめ」。 すでにいい年になっていたし、出勤も指名客が来店する時のみだったので、いつまでもズルズル続けてたらイカン!と思って辞めました。

その後は会社員とライターの二足のワラジでしたが、しばらくしてライター専業になり、3年前から家業の会社で役員もしていてまたWワークです。流行りの複業じゃないけれど、いろいろとやらせてもらっています。

Q.これを話すとお客さんが喜んでくれる!鉄板トークやネタはありますか?

会社員だったので、OLさんのあるあるネタみたいなのはお客さんにもウケてました。「そういう女子社員いるわ~」みたいな。あと、自分の失敗談なんかはわりと誰にでもウケる話ですね。

でも正直、鉄板トークなんてないですよ。お客さんが喜んでくれる話って、すべての人に共通じゃないです。

お客さん一人一人、それぞれの話をちゃんと聞いて、相手に向き合って初めて喜んでもらえる会話ができるもの。きれいごとみたいに聞こえるかもだけど、長く指名してもらえるお客さんとはそういう関係ができてるから喜んでもらえる会話ができるんですね。

最後に体験入店を考えているキャバ嬢に向けてひとこと!

働くお店を決めるときに、体入は外せません。営業中のお店の様子を見て、いろんなことを確認してください。

チェックするポイントはたくさんあるので、体験だからと気を抜いたり、気楽にしててはいけません。働いてるキャバ嬢や従業員の質、営業中の彼らの動き(対応)、キッチン・トイレが清潔か、客層、日払いの内訳などなど。

自分のフィーリングに合わない、「このお店なんとなくイヤかも」って感じたら、入店しない。時給の高さだけで決めない方が、長続きすると思います。

記事一覧へ

新着記事

ページトップへ