ポケパラ4Uロゴ

「ポケパラ4U(ふぉーゆー)」はキャバクラ初心者の子のためのHow Toや、いまスグ使えるステップアップ術などキャバクラで稼ぎたい女の子のための情報メディア。今をもっと楽しくさせる。

キャバクラの本入店|失敗しない断り方3選!自分に合わないお店で働かない

どんなキャバクラ店でも使える本入店の3つの断り方 お仕事

キャバクラで働くとなると、自分に合ったお店選びをするため、多くの方がお店の体験入店を希望しますよね。お店の雰囲気やどのようなキャストがいるのかなどを知ることができることもあって体験入店のメリットは大きいです。

しかし、体験入店をしてみて「このお店は合わない」と感じることもあるでしょう。そういったとき、どのように断りを入れればいいのか悩む方も多いと思います。

そこでこの記事では、本入店を断りたい場合にどのような断り方をすれば良いのか最適な方法を紹介します。

目次

1.本入店と体験入店の違い

クエスチョン

キャバクラを始めるにあたり、本入店と体験入店のどちらかから仕事を始めることとなります。以下は、本入店と体験入店の概要・メリットを表にまとめたものです。

本入店と体験入店の違い

上記の表からわかるように、本格的にお店の専属キャストになる本入店と、お店に在籍せずお試しで入る体験入店では、概要だけでなく待遇も違います。頑張った分だけ稼げる本入店に対し、体験入店は通常より時給額が安く、あらかじめ「体験入店1万円」などと金額が決まっている場合がほとんどです。

そのため、通常より給料が少ない体験入店をわざわざ行うことにデメリットを感じている方もいます。しかしナイトワークは、キャバクラやスナック、クラブなど職種が多いだけでなく、お店によってコンセプトはさまざまです。労働環境やキャスト間の雰囲気、客層なども異なるため、最初に体験入店をしてから本入店を決めることが一般的です。

2.体験入店から本入店の流れ

ここでは、体験入店から本入店までの流れを、①~⑥のステップに分けて解説します。

2.1①体験入店をする

時間や持ち物、服装など事前にお店側に指示された通りに準備をしてお店に行きます。 お店によってはドレスを貸してくれたり、簡易的な名刺を作ってくれたりするお店もあります。ただし、中には給料から衣装レンタル料を引くお店もあるため、事前に確認しておきましょう。

2.2②着替えやヘアメイクで準備をする

ドレス

控え室で着替えてヘアメイクをします。お客さんにとっては、専属キャストか体験入店のキャストかは関係ありません。そのため、体験入店であっても、1人のキャストとしてお客さんに満足してもらえるよう、きちんと身だしなみを整えましょう。

関連記事

キャバ嬢は見た目が重要!売れっ子になるための身だしなみの整え方>

2019年10月28日

2.3③仕事内容の説明を受ける

具体的にどのような仕事をすべきかをスタッフに指導してもらいます。体験入店では他キャストのヘルプとして一緒に席につき、ドリンクを作ったり会話を楽しんだりすることがほとんどです。実際に、お客さん相手に接客を行うので、指導内容はしっかりと聞きましょう。

2.4④実際にお客さんを接客する

実際にお客さんを接客します。指導してもらった通りの仕事内容をこなしつつ、客層や営業中のお店の雰囲気などをしっかり観察しましょう。

主に、自己紹介、名刺渡し、お酒づくりなどをやります。お客さんとの会話を忘れずに、楽しい時間を過ごすイメージで気軽に接客をすることがコツです。

関連記事

誰でも簡単にキャバクラのお酒の作り方をマスターできる!体入前に要チェック>

2019年10月18日
関連記事

キャバ嬢のトークは愛情と品が大切!会話の上げ方・かわし方8選>

2019年11月12日

2.5⑤仕事終了後スタッフの面談を行う

仕事終了後に店長と面談をし、給料をもらって今後の方針を決めます。次の出勤はいつにするか、シフトはどれくらい入れるのかなどを聞かれた際、本入店を決意している場合は、その旨を伝えて体験入店は終了です。

この場で本入店か否かの結論を出す必要はありません。悩んでいる場合は「もう少し考えたい」「他のお店も見てみたい」と伝え、後日連絡する約束をしましょう。お店の雰囲気や仕事内容が合わなかったと思えば、本入店をはっきり断ることもできます。

3.本入店を断るときのポイントは?

noにチェックが入っている紙を持っている女性

3.1電話もしくはメールで断る

直接だと断りにくいという方は、電話やメールで断る方法もあります。顔を合わせない分、きちんと自分の意思を伝えやすいです。ただし、電話やメールであっても説得をして言いくるめようとするお店もあります。

お店側の押しに負けてしまうと本入店を断れなくなってしまうため、本入店の意思が無い場合は、勧誘をはっきり断ることが大切です。

3.2理由を明確に伝えたうえで断る

本入店を辞退する理由を聞かれた場合、内容によっては説得されてしまう恐れがあります。そのため、お店側が「それなら仕方がない」と諦めざるを得ない理由を伝えることが効果的です。たとえば、以下のような理由が有効です。

  • たばこのニオイが思いのほかきつい
  • 他のお店への本入店が決まった
  • 家族にバレ、反対されてしまった
  • このような理由だと、しつこい説得を回避しやすくなります。

    3.3断るときは当日中に!

    採用したということは、お店側は女性の本入店を期待しているということです。そのため、答えを先延ばしにすればするほど断りにくくなってしまいます。

    本入店をしないと決めているなら、できるだけ当日中に断りましょう。体験入店後の面談で断れなかった場合は、自宅に帰ってから電話やメールですぐお断りの連絡をすることも可能です。

    4.お店選びはしっかりと行うことが重要!

    カフェ

    4.1面接の際に確認するべきポイント

    面接時は、お店の雰囲気やキャスト間の仲の良さなど、内部的なところが分からないため、求人内容に載っていた情報を確認しましょう。中でも、以下の点について確認することが重要です。

  • 保証時給の有無
  • ノルマの有無
  • バックの種類や各種バック率
  • 本入店をしてからの給与システム
  • 天引きの内訳
  • 上記の中でも、とくに保証時給とノルマの有無は重要です。

    保証時給は売上と関係なく収入を保証してくれる制度で、まだお客さんを持っていない新人キャストの収入をサポートする重要なものと言えます。保証期間はお店によってさまざまであるため、安心して働けるようきちんと確認をしておきましょう。

    また、「求人サイトにはノルマなしと書かれていたにもかかわらず、実際に入店するとノルマがあった」というケースも珍しくないため、ノルマの有無も確認必須です。

    4.2体験入店の際に確認するべきポイント

    実際にお店へ行くと、求人情報からでは分からないことがたくさん分かります。そのため、体験入店に行く際は、以下のポイントをチェックしながらお仕事を行いましょう。

  • キャストの様子
  • ボーイの対応
  • お客さんの雰囲気
  • 店内の雰囲気
  • ナイトワークの世界は多くのキャストによって成り立っているため、キャスト同士の仲が良いお店もあれば派閥があるお店など、さまざまなタイプがあります。キャスト間の雰囲気が合わないと働きにくさを感じるため、体験入店時にはキャスト間のコミュニケーション様子を見ておきましょう。

    また、お店の職種やコンセプトによって客層もさまざまなため、体験入店先はどのようなお客さんに好まれるお店かを見極めておくことも大切です。苦手なタイプの男性が多く集まるお店だと、毎日の接客に心が折れてしまう恐れがあります。

    関連記事

    キャバクラの体入とは|お店の探し方からメリット・面接準備までが全てわかる >

    2019年10月18日

    まとめ

    ナイトワークにはさまざまなお店があるため、体験入店をしてみることはとても大切です。ただし、体験入店の際にお店と合わないと感じた場合、本入店をきちんと断れるだろうかと不安に思っている方は少なくありません。

    とくに、「NO」と言えない性格の方は、お店側に言いくるめられてしぶしぶ本入店を決めてしまい、納得していない分楽しく働けないというケースも珍しくありません。そのような事態を防ぐためにも、当記事で紹介した断り方を念頭に置いて、体験入店に臨みましょう。

    しっかりと自分に合うお店か否かを見極め、毎日笑顔で頑張れるお店選びに役立ててください。

    ⇒体験入店の検索一覧はこちらから 記事一覧へ

    新着記事

    ページトップへ