ポケパラ4Uロゴ

「ポケパラ4U(ふぉーゆー)」はキャバクラ初心者の子のためのHow Toや、いまスグ使えるステップアップ術などキャバクラで稼ぎたい女の子のための情報メディア。今をもっと楽しくさせる。

同伴出勤とは?メリットや意識すべきポイント・マナーを詳しく解説

同伴出勤は良いこと尽くし!?デートの主導権は自分で握ろう お仕事

同伴出勤は、キャバ嬢の仕事とは切っても切り離せないものです。収入にも直結してくるため、少しでも稼ぎたいと思っているなら、同伴出勤は欠かせません。

しかし、キャバ嬢として働き始めて間もない人や、これから働こうとしている人は、「同伴出勤には意味があるの?」と疑問に思うこともあるでしょう。

今回は、同伴出勤の意味やメリットを解説します。意識すべきポイントやマナーについても紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

目次

1.同伴出勤の意味と行うメリットとは?

同伴出勤とは 出勤前にお客さんとお店の外で会い、食事やお茶といった簡易的なデートの後、一緒にお店へ行くことを指します。店外では、レストランや居酒屋での食事が多いです。

なかには、買い物やカラオケを一緒に楽しむパターンもあります。出勤後は手早くヘアメイクや着替えを済ませ、お客さん待つテーブルにつきます。同伴出勤の目的は、単にキャバ嬢とお客さんがデートを楽しむだけではありません。キャバ嬢・お店・お客さんのそれぞれにメリットがあります。

1.1【キャバ嬢にとってのメリット】収入アップに繋がる

キャバ嬢は積極的に同伴出勤を行うことで、収入アップが狙えます。お客さんと一緒にお店に出勤すると、確実に指名本数を1つ増やせるだけでなく、指名料やドリンク料が給料に加算されることで、収入アップに繋がります。

さらに、同伴出勤の多いキャバ嬢を評価するキャバクラもあるため、収入面で大きなメリットがあるといえるでしょう。また、開店後すぐの時間帯は、お客さんの入りが少ない時間帯です。

同伴出勤を行えば稼ぎにくい時間帯にも確実にお客さんが付くため、出勤時間が無駄になることはありません。給料を増やしたいキャバ嬢は、積極的に同伴出勤をとりにいきましょう。

1.2【お店にとってのメリット】早い時間帯に売上を作れる

キャバ嬢が同伴出勤を行うことによって、お店側は開店後の早い時間帯に売上を作ることができます。特に、19時~20時はキャバクラにとってお客さんの入りが少ない時間帯です。

売上が伸びない時間帯にキャバ嬢が同伴出勤でお客さんを連れてくれば、集客・売上アップに繋がります。キャバ嬢の同伴出勤は、暇になりやすい時間帯を有効活用できるため、お店側にとってもメリットのあるシステムなのです。

1.3【お客さんにとってのメリット】お気に入りとデートできる

お客さんにとっても、お気に入りのキャバ嬢とデートできるため、同伴出勤はメリットが大きいサービスといえます。もちろん、お店で指名すればキャバ嬢と会えますが、お目当ての女の子を独占したいと思うお客さんは少なくありません。

お店を利用して会っている間は、どうしても「キャバ嬢とお客さん」の関係で留まります。そのため、デート代を払っても、お気に入りのキャバ嬢とプライベートな時間を楽しむことには、お客さんにとって大きな満足感があります。

2.同伴出勤を行うまでに意識すべきポイント

キャバ嬢が同伴出勤を行う場合、いくつか注意点が存在します。同伴出勤のポイントを押さえないと、キャバ嬢側に不利益が生じることもあります。

同伴出勤に伴うリスクを減らし、スムーズにデートを楽しむことで、高収入へ繋げましょう。ここでは、同伴出勤で意識すべき2つのポイントについて詳しく解説します。

2.1同伴出勤のお願いは数回来店後に行う

初めて接客したお客さんに、すぐに同伴出勤をお願いすることはNGです。同伴出勤は食費などの経済的な負担が大きいため、お客さんは誰とでも同伴出勤したいわけではありません。

初対面のキャバ嬢から同伴出勤に誘われても、お客さんは乗り気にならないでしょう。最悪の場合、「このキャバ嬢は売上を増やしたいだけだ」と、下心を勘ぐられる可能性もあります。

お客さんはキャバ嬢との仲が深まり、「もっと一緒にいたい」という気持ちになって初めて同伴出勤したいと思うようになります。同伴出勤をお願いするのは、お客さんが複数回お店を訪れ、十分にお互いの仲が深まってからにしましょう。

2.2デートの主導権は自分が握る

同伴出勤のさまざまなリスクを解消するためには、デートの主導権は自分が握ることが大切です。以下のポイントに気を付けながら、お客さんと同伴出勤するようにしましょう。


〇お店選びは自分が行う

デートの主導権を握りたいのなら、お店選びは自分で行うのがおすすめです。自分でお店を選べば、よく分からない場所に連れて行かれる心配がなく、身に危険が及ぶリスクも避けられます。「前から行きたかったお店がある」と言って自然な流れを作り、自分からお店を指定しましょう。


〇デート場所はお店に近いところにする

デートの場所は、自分が働くお店から徒歩圏内がベストです。お店から離れた場所だと出勤に時間がかかるだけでなく、お客さんの車に乗らざるを得ない状況となり、密室空間で2人きりとなるため、絶対に安全とはいえません。同伴出勤の際は、お店から近い場所を調べておきましょう。


〇高級店は避ける

自分でお店を選ぶ際は、高級店を避けるようにしましょう。高級店はお客さんに経済的な負担がかかるため、お客さんとの関係が長続きしなくなるリスクがあります。お客さんの金銭事情も考慮したうえでお店を選ぶことが、上手な同伴出勤のポイントです。


〇個室は避ける

個室のお店でのデートは、身に危険が及ぶリスクがあります。個室の中でで女の子と2人きりになると、男性としての下心が出るお客さんもいます。少しでもリスクを避けるために、オープンな場所でのデートを心掛けましょう。


〇デートは1時間程度とする

同伴出勤で長時間のデートは禁物です。デート時間が長くなると、お客さんは同伴だけで満足する恐れがあります。そのためにお客さんが来店しなくなったり、キャバクラの滞在時間が短くなったりすると、同伴出勤の本来の目的が果たせません。デートは1時間程度となるよう、上手くコントロールしましょう。

3.同伴出勤の時に守るマナー

同伴出勤はデートのようなものとはいえ、立派な仕事です。最低限のマナーを守らないと、お客さんから愛想を尽かされてしまい、その後に繋がらない可能性もあります。 同伴出勤時は、下記のマナーを守るようにしましょう。


〇デートの約束は守る

お客さんは同伴出勤のために時間を作ってくれているため、キャバ嬢が遅刻したり、ドタキャンしたりしたら、お客さんに迷惑がかかります。やむを得ない事情以外で約束を破ることは厳禁です。万が一遅刻やキャンセルとなる場合は、お客さんに早めに連絡しましょう。


〇食事マナーに注意する

キャバ嬢の箸の持ち方や食べ方が汚いことに、幻滅するお客さんは少なくありません。食事マナーが悪いとお客さんに悪印象を与えるだけでなく、周囲の人も不快な気持ちにさせてしまいます。そのため、同伴出勤で飲食する際は、最低限の食事マナーを意識しましょう。


〇デート中も仕事である意識を持つ

同伴出勤もキャバ嬢の仕事の1つです。「お店での態度はしっかりしているけど、プライベートは別人」とお客さんに思われてしまっては、評価を落としてしまいます。常にお客さんに楽しんでもらう雰囲気を作りつつ、メイクや服装にも気を抜かないようにしましょう。

まとめ

同伴出勤は収入アップの効果が見込めるため、キャバ嬢にとって大きなメリットがあります。キャバ嬢として高収入を稼ぎたい人は、積極的に同伴出勤をこなしましょう。

ただし、単にデートを楽しめばよいわけではなく、意識すべきポイントやマナーもあります。同伴出勤で大切なことは、ポイントやマナーを押さえたうえで、お客さんと信頼関係を築くことです。

同伴出勤を上手くこなして、キャバ嬢としてさらに上のステージを目指しましょう。

⇒体験入店の検索一覧はこちらから 記事一覧へ

新着記事

ページトップへ