ポケパラ4Uロゴ

「ポケパラ4U(ふぉーゆー)」はキャバクラ初心者の子のためのHow Toや、いまスグ使えるステップアップ術などキャバクラで稼ぎたい女の子のための情報メディア。今をもっと楽しくさせる。

同伴料金は自分の給料UPに繋がる!自分とお客さんの関係が【ウィンウィン】になる方法

同伴はお客さんのハートを掴むためのアピールの場! 自分の魅力を最大限に発揮できる特別な時間 お仕事

キャバクラの同伴は自分にとっても、お客さんにとってもWin-Win(ウィンウィン)な接客方法です。女の子は現金バックや指名バックなど、あらゆるメリットが給料に反映されます。

お客さんにとってもお気に入りの女の子と食事をしたり、買い物をしたりとデート気分を味わうことができるメリットがあります。

なかでも、女の子の最大のメリットは『同伴することでお客さんがお店に来店』してくれることです。

しかし女の子の中には「指名が欲しいけど、同伴はちょっと・・・」と抵抗がある方もいます。そこで今回は同伴に抵抗がある女の子でも、この記事を読んだら思わず同伴をやってみたい!と思えるようなコツを紹介します!

また同伴のコツ以外にも 同伴の料金相場や活用方法、決してやってはいけないNG行動をご紹介します!

目次

1.同伴は「お客さんとお店以外で会うこと」

同伴とはお店の営業時間前にお客さんと女の子が一緒に食事をしたり、遊んだりした後、来店してもらうサービスのことです。勤務外での仕事なので「お店のためにそこまでしなきゃいけないの?」と感じる方も多いと思います。

しかし、同伴をすることで自分に返ってくるメリットがたくさんあるんです♪

例えば同伴をするとお客さんとの心の距離が縮まり、関係性がより良くなります。お客さんと仲良くなることであなたに会いにお店に来てくれる回数も増えます。

その結果 本指名や給料アップ、お店からの優遇などのメリットを受けられる可能性がアップ!!上記のメリットはお客さんやお店にとってのメリットだと思いがちです。ですが、確実に自分にも良い事が反映されるのでやっておいて損はありません♪

2.同伴の料金相場は「3,000~5,000円」と高い

お店側の取り分も計算されますが同伴をすると、1回あたり3,000円から5,000円くらいお給料にプラスされます!

また同伴をすると「同伴バック」と呼ばれる特別手当が発生することになり、それがまるまる自分の給料に入ることもあります。

1回あたりの同伴バックが5,000円と仮定して、 月20回同伴することができれば単純計算で10万円の給料アップ。

同伴をするだけで、お客さんだけではなく、自分にもメリットがあるんですよ♪

2.1同伴より延長した方がお得

同伴はお客さんを連れてくる手段だと紹介しましたが、実際にキャバクラ嬢として稼ぐためには、同伴よりもお店での延長がお得です。

今回は、2時間同伴して2時間店内(延長なし)に来てもらった場合と、同伴なしで1セット+延長で過ごしてもらった場合の金額を比較してみた結果をご紹介します。

どっちがお得?金額差の比較表
※ここではお店の最初の1時間が3,800円と仮定し、30分の延長料金が4,000円としています
 ドリンク代は1杯で1,000円、2時間(120分)であれば3~4杯のドリンクを飲みます

比較した表をみてみると、合計4時間近くお客さんと一緒にいても、直接お店に来てもらって延長する方が稼ぎが良いです。

ただ、あくまで延長した方が同伴したときよりもお得というだけです。お客さんとの同伴をすることで、よりお店での滞在時間を長くすることができます。

いかに、同伴の時間を特別かつ、楽しいと感じてもらえるか。「○○ちゃんともっと話したい!」と思ってもらえれば、延長も不可能ではありません!同伴料金と延長料金をダブルでゲットできるため、同伴は欠かせないサービスなんです。

3.売れっ子キャバ嬢がやってる同伴のコツ

3.1同伴を思いっきり楽しむ

同伴はあくまでもお客さんをお店に連れていくための手段です。しかし、自分がイヤイヤ同伴をやっているとお客さんにも伝わってしまいます。またやりたくないことを無理して続けていると、心が病んでしまう可能性も。

ならば同伴という言葉に左右されず、自分自身が楽しむことを優先しましょう!お店には自分以外にもたくさんの女の子がいます。

そのなかでも「自分と同伴してくれた」ことを喜びましょう♪これは指名や給料アップの第一歩です。自分が思いっきり楽しむことで お客さんに「楽しい子だな、同伴が終わっても、もっと話がしたいな」と思ってくれるようになります。

同伴でいかに自分が楽しみ、お客さんとの会話を盛り上げられるかが『本指名・給料アップ』に繋がるコツといえます。

3.2接客時にさりげなく同伴に誘う

接客をしているときやお客さんが帰るほんの数分前に「今度、一緒にご飯とか食べに行きませんか?」とさりげなく声掛けをしましょう。

同伴に誘うときのコツは『話すタイミング』と『自然』に話を持っていくことです♪例えば、お客さんとおすすめのレストランや食事について話をしているとき。

「私も、食べてみたいな♡○○さんと一緒に!」など、お客さんの表情やしぐさを確認しながら自然な感じで話を振ります。

ここで気を付けてほしいのが、グイグイお客さんに攻めることです。「えー、私もいきたい!連れてって!」などの強い言葉はあまりよくありません。

女の子によって性格やタイプに違いはありますが、最初のうちは自分の個性をあまり主張せず、「一緒に食べてみたいな」「今度、○○のお店一緒に行こう?」とさりげなく話を振ることがコツです。

3.3【基本】どんな子でもできる同伴LINEの送り方

まず同伴するときに行くお店は、できるだけ予算を抑えたリーズナブルなお店で勤務先のお店から近いところがおすすめです。高いお店を同伴先にしてしまうと、キャバクラでお金を使わなくなるかもしれないので、気をつけましょう!

もし、リーズナブルな店に行く人は店で使うお金もケチるお客さんがいた場合は、そのお客さんの度量を見極め、どんな店に連れていってくれるかをお客さん任せにしてもいいと思います。

もちろん自分が行きたい店があればアピールしても問題ありませんよ。

☆LINEやメールの送り方・返し方☆
【例1】
女の子「〇〇さん!今日はお店に来てくれてありがとうございます!楽しかったです。そういえば、お店で話してた〇〇のお店に行きたいな♡〇〇さんの空いている日に一緒にどうですか?」

このときのポイントは、お客さんにお礼を伝えること。さらに、自分も楽しかったことを伝えることで「お客さんに嬉しいな、楽しかったんだ」と優越感を与えることができます。

その後、気遣いながらお誘いの言葉を書くだけ。お客さんからの返事が来たときは、 「嬉しい」と大喜びしている言葉やスタンプなどを送りましょう。

【例2】
女の子「〇〇さん!△△店の□□ですよ♡最近テレビで観たカフェオレが美味しそうで、飲んでみたいんですけど。もし、良かったら一緒にいってみませんか?ちなみに、お店のイベントでバニーガールのコスプレしてるんです!」写真添付

ここでのポイントは、自分の自己紹介をしながらお店でやっているイベントのコスプレを着た写真を添付することです。写真があることによって、お客さんにインパクトと「この子かー。今イベントやってるんだ!可愛い」と思い出してくれるきっかけになります。

さらに、さきに同伴のお誘い文句を言うことでより自然にお客さんをカフェに誘うことができますよ♪

4.同伴するときにしてはいけないNG行動

さまざまな魅力やメリットのある同伴ですが、NG行動も存在します。自分自身の身を守るという意味でもNG行動を避けた上で、同伴を楽しむことがおすすめですよ。

4.1長時間の同伴

同伴の際のNG行動としては、長時間の同伴が挙げられます。同伴をしたケースと、同伴なしで延長してもらったケースの給料の違いを紹介しましたが、同伴なしで延長してもらった方が売上が上がりやすいという特徴があります。

そのため、お店の外で長時間一緒に過ごしてお店に来てもらえないということは避けなければなりません。 あくまでもお店に来てもらうための手段が同伴であり、同伴だけで満足してもらったら意味がありません。

同伴自体は長くても2時間程度に収めておき、その後スムーズにお店に来てもらえるように促すことが大切です!

4.2お店を選びをお客さん任せにしない

同伴のお店選びはお客さんではなく、自分で選ぶようにしましょう!お客さんにお店を決めてもらうと、自分が働くお店から遠い場所になるなど、同伴出勤が大変になることもあります。

お店から離れていると同伴だけで帰宅されてしまうリスクも出てくるので、できるだけ徒歩圏内で行けるお店を指定するのがおすすめです。

また、あまりにも高級なお店を指定するのも避けておきましょう。大切なのは同伴後の店内でお金を使ってもらうことであり、外でお金を出してもらっても自分の給料は上がりません。1時間程度でサクッと切り上げられるお店を選ぶのが有効です。

まとめ

同伴をするとお客さんやお店、自分にメリットがあります。まずは自分が楽しいと思える同伴を心がけ、お客さんとの会話を増やしていきましょう。

最後に本記事の要点をまとめます。
同伴料金をGETするメリット
  • 同伴料金が高く、給料アップに繋がる
  • 来店回数が増え、お客さんと仲良くなれる
  • 本指名をもらえる可能性が高い
  • 同伴を積み重ねることで自分のスキルアップ
  • ⇒体験入店の検索一覧はこちらから 記事一覧へ

    新着記事

    ページトップへ