ポケパラ4Uロゴ

「ポケパラ4U(ふぉーゆー)」はキャバクラ初心者の子のためのHow Toや、いまスグ使えるステップアップ術などキャバクラで稼ぎたい女の子のための情報メディア。今をもっと楽しくさせる。

キャバ嬢のおさわり対処法6選!キャバクラで触られた時の正しい対応

キャバクラのおさわり事情お客さんに触られた時の正しい対処法 お仕事

多くのキャバ嬢が抱える悩みの1つに、男性客からの「おさわり」があります。女性であることを商売にする業種のため仕方がないと思いながらも、良く感じていない女性も多いでしょう。

しかし、相手はお客さんであるため、大人として適切な対処をすることが大切です。では、具体的にどのような対処をすればお客さんの機嫌を損ねず丸く収められるのでしょうか。

今回は多くのキャバ嬢を悩ませるおさわりの対処法について紹介します。

目次

1.キャバクラでおさわりはOK?NG?

首を傾げて悩んでいる女性

キャバクラの勤務中、男性に体を触られるかもしれないと不安に思っている女性は多いものです。女性としての魅力を武器に仕事をしている以上、避けては通れないと思うことも仕方がないでしょう。

しかし、実際にキャバクラにはおさわりOKNGの2種類があり、お店の方針によってサービス内容が異なります。そのため、面接時や体験入店時にお店側がおさわりに対してどのような対処を行っているかを確認したり、他のキャバ嬢から話を聞いたりして、情報収集をすることが大切です。

1.1キャバクラのおさわりの境界

キャバクラにおけるおさわりの定義はなく、お店によって考え方も違うためどの程度をおさわりと呼ぶかの線引きは難しいと言えます。

具体的にどのように違うかは、主に下記3点です。

  • 膝はOKだけど太もものおさわりNG
  • 手をつなぐことはOK、肩を抱くことはNG
  • スカートの上からなら太ももを触ってもOK
  • このように、触る場所や触り方に対する判断がさまざまで、キャバ嬢として働くならばお店側の考え方を理解しておくことが重要です。

    また、いろんなお店に行っているお客さんの中には、お店ごとでおさわりの基準が違うことに難色を示す方もいます。おさわりNGのお店にもかかわらず、太ももなどを触って「普通これくらいならおさわりに入らないよ」などと言ってくる方もいるでしょう。

    しかし、お店によって方針が異なる以上は、他店と違いに気にする必要はありません。入店しているお店のルールを理解し、その都度適切な接客を心がけましょう。

    2.おさわりされやすいキャバ嬢の特徴

    キャバ嬢の中にも、おさわりされやすい女性とされにくい女性の2パターンがあります。どのような女性がおさわりされやすいのか、その特徴は以下のとおりです。

  • 気が弱く助けを求めなさそう
  • 椅子に深く座ってしまいすぐ逃げられない
  • ディープな下ネタで触りやすい雰囲気
  • 男性に媚びて逆らわない
  • 露出度の高いセクシーな服装
  • 基本的に、気が弱くお客さんを持ち上げるタイプの女性がおさわりされやすい傾向があります。反対に、しっかりと声を出してボーイが呼べるキャバ嬢や、男性に媚びる接客をしないキャバ嬢は、男性に触らせないオーラを出しているため無理強いされにくい傾向にあります。

    3.キャバ嬢としておさわりに対応する6つのコツ

    ナイトワークをする女性

    キャバクラは男性を相手にすることが多い仕事のため、どうしても男性との距離が近い中で、おさわりをされてしまう場合もあります。

    いくらボーイが目を配っているとは言え、席数が多かったりお店が賑わっていて忙しかったりすると、細かいところまで気づけないこともあります。そのため、キャバ嬢本人が自分の身を守る術を身につけておくことが大切です。

    では、おさわりに対してどのような対応をすべきなのか具体的な対処法を紹介します。

    3.1イスには浅く座る

    突然のおさわりにびっくりして動けなくなってしまう女性が多いため、おさわりされた時にすぐ動けるよう浅く座ることがおすすめです。

    深く腰をかけてしまうと、お客さんと体が密着しておさわりをしやすい状態を作り出してしまいます。しかし、浅く座っていればお客さんと向き合うくらい角度をつけた姿勢で座れるため、近いけど体は離れているという適切な距離感を保てて安心です。

    また、「ちょっとお手洗いに行きますね」とすぐに席を立っておさわりを回避できるというメリットもあります。

    3.2お客さんの手を握る

    手をつなぐ

    お客さんの手が伸びてきたら、すかさずその手を取りましょう。おさわりを阻止できる上に、キャバ嬢の方から手を握ることで喜んでくれるお客さんも多いため一石二鳥です。

    おさわりをする男性は、キャバ嬢の反応を見ながらおさわりの限界を探します。制止が遅いと「ここまでならOKだ」と誤解されてしまう恐れがあるため、できるだけ早めに手を握ってストップさせることがポイントです。

    3.3笑顔で優しく叱る

    ダメなことはダメとはっきり言うことが大切です。ただ、厳しく叱りつけると相手が気を悪くしたり、過度に落ち込んだりして、来店がストップしてしまう可能性があります。

    お客さんの中にはお酒を飲んで冷静な判断ができなくなっている方もいるため、叱り方を間違えるとトラブルに発展するリスクも否めません。

    おさわりされて嫌悪感を味わったとしてもぐっと堪えて、事を丸く収められるよう笑顔で優しく叱るようにしましょう。雰囲気を悪くすることなく、お客さんに「ダメだ」と伝えられます。

    3.4違う話題で空気を変える

    キャバクラで働く女性

    お客さんの手が伸びてくるということは、すでにおさわりができそうな雰囲気になってしまっている証拠です。お客さんをその気にさせてしまっては「ダメ」という制止も聞いてくれない恐れがあるため、おさわりができそうな状況を変えるために何か違う話題を出してみましょう。

    空気が一気に変わることでお客さんの気分も変わり、伸ばした手を引っ込める可能性があります。

    3.5お客さんを紳士キャラに作り上げる

    キャバ嬢の方からお客さんを紳士キャラに設定するという方法も有効です。

    「◯◯さんは紳士的で女の子に優しくて素敵です」
    「◯◯さんは本当に優しいから隣にいて安心します」

    このように男性の自尊心を煽ると、男性はそれを守らざるを得なくなります。そのため、自尊心を傷つけないためにおさわりをしなくなるでしょう。

    3.6ボーイに助けを求める

    どれほどにキャバ嬢が対処を頑張っても、なかなか聞いてくれないお客さんも多いです。どうしても聞いてくれない時は、ボーイに頼んで注意をしてもらいましょう。

    ボーイはキャバ嬢からのSOSに気づけるよう店内を見まわしているため、合図を送れば気づいてくれるでしょう。大きな声を出す勇気がなければ、手を挙げたりボーイと目を合わせるだけでも十分です。

    なかなか気づいてもらえない時は、トイレで席を立った時にボーイに助けを求めることも可能です。

    4.店側やボーイのおさわり対処法

    蝶ネクタイを締めている男性

    店内では常にボーイが監視・巡回しているため、困ったことがあればすぐに対応してくれます。時にはボーイだけでは対処しきれず店長が出てきたり、お店やキャスト、他のお客さんの迷惑になるような度が過ぎるお客さんに対して出禁にしたりなどの対処をすることも珍しくありません。

    お店側にとってキャバ嬢は大切な商品です。女の子を守ることでキャストが伸び伸びと仕事でき売上アップにもつながるため、優良なお店であれば「お客さんにおさわりをされても我慢しなさい」ということはありません。

    また、お店が忙しかったりボーイが少なかったりする時は、ベテランキャバ嬢を新人キャバ嬢と同じ卓につけるケースもあります。ベテランキャバ嬢はおさわりをする男性客のかわし方を弁えているため、他のキャストにおさわりをするお客さんを止めつつ、回避するテクニックも教えてくれるでしょう。

    まとめ

    今回ご紹介したおさわりへの対処法は初心者でも実践できるものばかりな上に、どの方法も効果的におさわりを回避できます。

    一番大切なことは、おさわりをしてくるお客さんに対して怪訝そうな表情を見せることはせず丁寧に対応することです。うまく対応すればお客さんと良好な関係を構築でき、ファンを増やしていくことができます。

    つまり、どのようなお客さんもキャバ嬢の対応次第で指名や売上につなげられるということです。自力での対応が難しい時もありますが、そのような時はボーイがきちんと助けてくれます。め安心して働きましょう。

    記事一覧へ

    新着記事

    ページトップへ