ポケパラ4Uロゴ

「ポケパラ4U(ふぉーゆー)」はキャバクラ初心者の子のためのHow Toや、いまスグ使えるステップアップ術などキャバクラで稼ぎたい女の子のための情報メディア。今をもっと楽しくさせる。

キャバクラに来る客を細かくタイプ分け!個性豊かなお客さんの取扱説明書

キャバクラに来るお客さんの特徴を知ろうタイプに合わせた接客方法 お仕事

今回はキャバクラに興味がある初心者さんから、すでにキャバクラで働いている新人キャバ嬢に「お店に来るお客さんのタイプ」をご紹介していきたいと思います。

お客さんにとって、非日常的な空間を味わえるキャバクラ。しかし、実際どんなお客さんが来店するのか気になってしまいますよね。

お客さんがお店に行く理由を知ることで、その人に合った接客方法をすることができますよ。

目次

1.【夜キャバ】キャバクラに来るお客さんのタイプと接客方法とは

キャバクラでお酒を提供する女性

キャバクラと言えば、夜をイメージする方が多いでしょう。20代中心の若い層が集まったキャストがいるキャバクラから、30代の経験豊富・包容力抜群の姉さんキャバクラ、40代の熟女キャバクラまで。

あらゆるジャンルのキャバクラに来店する主なタイプの男性客をご紹介していきます。

1.1キャストを口説きたい・落としたい【下心があるタイプ】

可愛い系から綺麗系まで、ビジュアルのレベルが比較的高い子が集まるキャバクラ店。そんな可愛いキャストを「口説きたい」「恋人にしたい」「エッチをしたい」と思っているお客さんが全体の5割を占めます。

20代~30代の独身男性が多く、あわよくばキャバ嬢と恋愛関係を持ちたいと願っている下心があるタイプ。キャバ嬢の仕事上、お客さんに喜んでもらい、夢を見せること。いわば、究極の接客業です。

場合によっては、色恋営業を仕掛けることもあります。ただ、なかには本気で好きになってしまい「○○ちゃんは僕に気がある」「○○ちゃんと付き合いたい」と思っている痛いお客さんも・・・。

下心があるお客さんから口説かれても、上手に言葉を交わし、なるべく継続的に指名してもらえるような関係を続ける必要があります。気が短い方であれば、数回指名して脈がなければ、お店に来ないことも少なくありません。

キャバ嬢として、お客さんと良好な関係を続けるためには、友達のようなラフな間柄になれるような接客を心がけましょう。

関連記事

これで完璧!失敗しない友達営業で指名を取る4つの方法と注意点>

2019年10月09日

1.2非日常空間の飲み屋で楽しみたい【癒やされたいタイプ】

ピンク色のハート

普段の生活では味わえない、非日常的な空間で「女の子と楽しい会話をしたい」「仕事の愚痴を聞いてもらいたい」と精神的な安らぎを求めている、癒されたいタイプのお客さん。

特別な空間だからこそ、気を遣うことなく話せるキャバクラは、日頃のストレスを解消することができるため多くの男性がキャバクラへ足を運びます。下心があるタイプのお客さんの次に多い客です。

年齢層は30代後半~40代と、仕事的には働き盛り。上司にはさまざまな仕事を指示されて、下の後輩には指導や失敗などのカバー。大変な中間管理者ということもあり、「可愛い女の子に癒されたい」とキャバクラに来店してくれる接客しやすいお客さんです。

癒しを求めに来ているお客さんなので、自分の話をしたい方や女の子の話を聞きたい方がいます。話を引き出すためにも、トーク力を身につけないとキャバ嬢自身がストレスを抱えてしまうので、上手な会話の上げ方・かわし方を覚えていきましょう。

関連記事

キャバ嬢のトークは愛情と品が大切!会話の上げ方・かわし方8選>

2019年11月12日

1.3自分の仕事や武勇伝を自慢したい【俺が俺がタイプ】

キャバクラに来店するお客さんのなかには、自分の話を自慢したがる「俺が俺がタイプ」の方がいます。20代中心の独身から恋人がいる男性で、なぜか「上から目線で物事を言ってきたり」「女の子の”好き”を勘違いしている」など、自己中心的に考えている人です。

自分の仕事や過去に付き合った恋人、武勇伝などあらゆる話をしてきますが、あくまでキャバクラのお仕事の一環として嫌な表情をせず、相づちを打つようにしましょう。

もし、よっぽど話を聞くのが辛く、しんどいと感じるのであればお客さんが帰った後にスタッフに相談することをおすすめします。

こういったお客さんはプライドが高く、自信過剰なところがあります。キャバ嬢の方から「○○は違うと思うなー」「でも、それって間違いなんじゃないんですか?」と言った発言は、プライドを傷つけるので逆効果なので注意しましょう。

1.4家庭や仕事の趣味・悩みを聞いて欲しい【構ってちゃんタイプ】

子犬

とにかく誰かと話をしていたい、構ってちゃんタイプのお客さん。キャバクラなら、可愛いくて、綺麗な女の子と話ができるから、つい自分の仕事や悩み、趣味、好きなことなどを話してくれます。

積極的に会話を広げてくれるので、「何を話たらいいんだろう」といった不安になることもありません。席についてくれるキャバ嬢について、根掘り葉掘り聞いてしまうのも構ってちゃんならではの特徴。

そんなお客さんを接客するときは、「今日も頑張ったね」「○○ができるなんてすごいー」とオーバーリアクションで褒めてあげましょう。女の子に褒められると、もっと褒められたいと思うようになるので指名に繋げることや、次の来店の約束などをしやすくなります。

1.5仕事の接待や友達の付き合いで来店する【仕事の付き添いタイプ】

キャバクラは好きではないけど、仕事上の接待などでお店に来るお客さん。いわゆる”飲みニケーション”と言われるもので、取引先や上司、同僚の仲をお酒の場を借りて深めていくコミュニケーション法です。

居酒屋などで食事をした後に2軒目のお店としてキャバクラにやってきます。
ほどよくお酒も回っているので、会話に困ることもないでしょう。

基本的に団体で来店するので、数人の女の子が席につきます。まずはリーダー的存在を見極め、言葉遣いや表情、行動をどうすればいいのか判断していきましょう。社会的な地位がある方なら上品に。綺麗な敬語を使うように心がけることが接客のコツです。

1.6人気キャストやお気に入りの子にお金を遣いたい【応援したいタイプ】

シャンパンを乾杯している女性たち

極めて少ないタイプのお客さんになりますが、お店の1位2位を取っているキャバ嬢ともなると「○○ちゃんのファン」という応援型の客が来店します。SNS時代ということもあり、YoutubeやInstagram、テレビなど、名の知れた有名キャバ嬢が注目されています。

頑張っているキャバ嬢を見ると応援したくなるタイプで、お金に余裕がある経営者や著名人など40代後半~50代層が多いです。経営者にとってキャバクラという水商売は勉強になる事が多く、お客さんを呼び込む集客力、イベントをする企画力など、あらゆる事が学びになるそうです。

メディアでも多く取り上げられている有名キャバ嬢のなかには、「○○ちゃんと言えばドンペリ」と言われるほどの代名詞になっている子も。また、お客さんはお気に入りの女の子が別のお店に移籍すると、その子についてお店を移るため、新しいお店でも継続的に指名をもらえるメリットがあります。

1.7キャストの話を聞きたい・癒やされたい【無口タイプ】

キャバクラに関わらず、ガールズバーやスナックなどにもいる無口タイプのお客さん。口数が少なく、基本的にキャバ嬢の話を聞きに来ていたり、キャバクラに慣れていないお客さんが多いです。

キャバ嬢にとって、無口なお客さんは接客がしづらく、何を話していいのかわからないと悩んでしまう方が多いと思います。そういった場合は、一度深呼吸をし、焦らず時間をかけて会話を引き出すようにしていきましょう。

ただ単純に緊張しいで話ができない方もいらっしゃいます。そのため「今日は○○に来てくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝えつつ、「なんてお呼びしたらいいですか?」と名前を聞くことが大事です。

お互いのあだ名を決めることで距離感を縮めることができます。その後、趣味や洋服、食事などの話で会話を徐々に膨らませていきましょう。

2.【朝・昼キャバ】キャバクラに来るお客さんのタイプと接客方法とは

朝・昼に営業しているキャバクラに来るお客さんは、夜に来店する方と大きく変わってきます。基本的に、同業者や営業さん、年金暮らしのご年配層が主な客層です。

2.1仕事の休憩の合間に来店する【営業さん】

営業電話をしている男性

営業マンがお店に来るのはお昼に営業している昼キャバクラです。仕事の休憩時間で可愛い子に癒されたい、話したい方がお店に来店します。もちろん、仕事中の合間にお店に来ているので、お酒は飲みません。ソフトドリンクを飲みながら、女の子との会話を楽しみに来ています。

頭を使って、商品を売り込んだり、企業にに営業をかけるなどの仕事をしているので、会話に詰まる心配はありません。「どんな話をすればいいんだろう」と不安になってしまう方も多いと思いますが、気難しく考えずに話を聞く方に集中してみるのもいいでしょう。

話し上手は聞き上手」ということわざがあるように、まずはお客さんの話をしっかり聞く。そこで自分が素直に気になったところを質問する、話してくれた言葉をオウム返しで聞いてみるなど、会話を膨らませていきましょう。

関連記事

キャバ嬢ができるモテテクニック!男性客を自分の虜にする方法♡>

2019年11月13日

2.2仕事終わりにお酒を飲みに来る【ホスト】

夜に営業しているキャバクラと同じ時間帯でお店が開店するホストクラブ。仕事終わりの朝方に、朝4時ごろに営業する朝キャバへ行くホストも少なくありません。同業者同士だからこそ、気兼ねなく会話を楽しめます

特に、お店で働き始めて日が浅いキャバ嬢は接客に対してどうしても不安なことがあると思います。せっかくだから同業者のホストから勉強させてもらいましょう。

会話の盛り上げ方や相手の褒め方、気遣いの仕方など、勉強になることも多いのです。ただ、お店に来店するホストはあくまでお客さんです。なおかつ、一部のホストは自分の客になりそうな女の子を見つけるために遊びに来るので、距離感を持って接客しましょう。

こちらの記事では、夜キャバより融通度が高い!?と言われている朝キャバと昼キャバついて解説しています。昼職や学生、シングルマザーなどが向いている”キャバクラ”で働いてみませんか?

関連記事

朝キャバと昼キャバは自由度が高い!?自分のライフスタイルに合わせた働き方>

2019年09月13日

2.3年金暮らし|近所のご年配層【おじいちゃん】

おじいちゃんの後ろ姿

朝キャバ・昼キャバに来るお客さんには、年金暮らしをしているおじいちゃんがお店に遊びに来ます。毎日お店に来るというよりは、週1回・2回などの頻度でお店に来店。

自分のおじいちゃんと同世代の方の接客をするので、特別「○○接客方法を覚えなきゃ!」といったこともいりません。「○○さん!久しぶりー、元気だった?」と日常会話を楽しむ感じで接客をしましょう。

3.キャバクラに来るお客さんは男性だけじゃない!?

キャバクラに行くお客さんは男性が割合的に高いですが、女性がお店に行くこともあります。旦那の付き添いで来る夫婦や友達同士、キャバ嬢のファン、同業者など、意外と多くの女性がキャバクラに来るんです。

しかし、接客相手が同性だと普段男性客にやっている接客が通用しないんじゃないかと、不安になりますよね。同性同士で接客をするときは、相手の性格や職業お店に来た理由によって接し方を変えていきましょう。

たとえば、同じキャバ嬢のお仕事をしている同業者が男性客と2人で来店した場合。男性を主役にして、立てるように接客するように心がけ、「○○ちゃんは良い子だな」と思ってくれるような言葉遣いや気配りを意識。

同性からは「○○ちゃんってこういう接客方法で男性を虜にするんだ」と関心やリスペクトを抱かせるような接客をすると2人のお客さんを満足させることができます。

逆に、同業者の女の子が一人で来店したときは、仕事の話やプライベートの趣味などの話で盛り上がりましょう。決して、他のキャバ嬢の悪口を言わないことが大切です。仲が良い子同士であっても、色んな人にバレてしまう恐れもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、キャバクラに来るお客さんを細かくタイプ別にして、ご紹介していきました。下心があるお客さんから、癒しを求めるお客さんなど。

これからキャバクラデビューする方、指名が取れず悩んでいる現役キャバ嬢の方、まずはお客さんのタイプや性格を知ることが大切です。対人スキルを磨くことで、自分がしやすい接客方法を見つけることができます。

対人スキルはキャバクラはもちろん、昼職に復帰したい方にとっても為になりますよ。

記事一覧へ

新着記事

ページトップへ