ポケパラ4Uロゴ

「ポケパラ4U(ふぉーゆー)」はキャバクラ初心者の子のためのHow Toや、いまスグ使えるステップアップ術などキャバクラで稼ぎたい女の子のための情報メディア。今をもっと楽しくさせる。

【キャバクラ用語集】お店で使うあ行からわ行までの専門用語

初心者キャバ嬢必見!【キャバクラ用語】をどこよりも詳しく紹介! 用語解説

初めてキャバクラデビューするなら、まずは初歩的な「キャバクラ用語」を知っておきましょう!メジャーな用語からマイナーまで、あらゆる用語を「あいうえお順」で解説します♪

目次

【あ行~】キャバクラ用語

あ行あいうえお

「あ~お」行のキャバクラ用語はたくさんあります。多い分、間違えやすいのでゆっくり覚えていきましょう♪

★【あ行のあ】
・アイス
氷(こおり)の英訳で、キャバクラやクラブ、スナックなどの水商売には必ず登場する用語です。そのままの意味なので、難しくはありません。

・アール(R)
アールはずばり、Reservationの頭文字を取ったものです。意味は「予約」で、お店によって指名を指しているときもあります。

・アイスピック
氷を砕く道具で、太い針の形をしています。

特に、スナックやクラブでは、焼酎やロックのお酒を作るときにアイスピックで氷を砕くので、ぜひ覚えておきましょう。

ちなみに初めてアイスピックを使う方はケガをしやすいので気をつけてくださいね。

・アイスクラッシャー
氷を砕いてくれる専用機械。お酒を作るときや何かを冷やすときに便利で、簡単に氷を用意することができます。

・アイスペール(アイスバケット)
氷を入れてテーブルに置く容器のこと。

カラオケや居酒屋など、お酒が出るお店で見かけるアイスペールは、水割りやロックを作るときに必要な氷を入れることができます。

・朝キャバ
言葉の通り、朝から営業しているキャバクラ店の略称です。主に、早朝の4・5時~お昼まで営業しています。

・アフター
勤め先のお店のお客様と「営業時間外」に、一緒に食事をしたり、カラオケに行ったりするようなこと。指名獲得やより自分を知ってもらうために必要な大事なお仕事です。

※派遣キャバ嬢の場合は、アフター・同伴は必要ありません。

・アンダー
18歳未満ことをいいます。
キャバクラ店で働けるのは、18歳以上からで18歳未満の高校生は法律上働くことはできません。

・アリバイ対策
自分がキャバクラ勤めをしていることを「知人」「家族」「恋人」などにバレないように対策を打つことです。

お店によっては架空の会社を名乗って、自分の代わりに「〇〇で働いていること」を証明し、バレないような対策を打つこともある。

・合番
1人のお客様が2名以上のキャバ嬢を指名し、自分の席に呼ぶこと。

★【あ行のい】
・痛客
どこのお店でもよく聞く用語ですよね。痛客は痛い客、残念なお客様のことです。暴言や気持ち悪いようなお客様にも使われることがあります。

・イベント
キャバクラ店ならではのイベントは多くのお客様を魅了するアピールの場です。キャバクラの場合、お店ごとのコンセプトや季節ごとに開催されるイベントが大人気。

浴衣や水着、スポーツユニフォームやバーニーガールなど、あらゆる衣装を着ながら接客する一大イベントです。

・移籍
主に、人気キャバ嬢や売れているキャバ嬢が利用する言葉。

キャバ嬢がほかのお店へ移ることで、同じグループ系列のお店に移動する子もいれば、有名どころに移動する子もいます。

人気キャバ嬢には常連客が付いているので、お店を辞めるだけでかなりの大ダメージ。

・色恋営業(色カノ)
お客様を自分の恋人のように接する接客のこと。「好きだよ」と思わせるような接客をすることで、お客様に気になってもらえるようになります。

ただ、あくまでお仕事なので本気で惚れられると大変かも…。

・色恋管理
キャバ嬢がお店を辞めないように、男性スタッフやボーイなどが恋愛関係をしてまで引き留めること。

しかし、どこのお店も言えることですが「キャバ嬢」と「男性スタッフ」の色恋は厳禁なところが多いです。もし、色恋管理になりそうな場合は、誰かに相談することをおすすめします。

・一見さん
初めてお店へ来てくれたお客様。キャンペーンやイベントなどで初めてキャバクラ店に足を運ぶ方も多いです。
クラブやスナックなど、お店によっては「一見さんお断り」も!

・インカム
男性スタッフやボーイの耳にかかっている「コミュニケーションのやり取り」ができる道具。身近では、カラオケ店のスタッフや大きなお店の店員が付けています。

・インビ
インビテーションの略で「サービス券」のことをいいます。たとえば、お店前で配られたり、常連客の自宅へ郵送、スマホでインビを送るお店も。

・印取り
給料日以外でお給料を受け取る場合にハンコを書類に押す行為のこと。それ以外にも、特別ボーナスや体入、日払いなどで印取りを行うこともあります。

★【あ行のう】
・ウェイター
お店で働いている男性スタッフ。他の呼び方として、黒服やメンバー、ボーイというお店もあります。

・裏引き
お客様をお店以外で呼び出し、直接お金を頂くこと。具体的には、デートをしながらブランド物を買ってもらう、留学するための費用を援助してもらう、生活費をもらうなど。

直接、お客様からお金をもらうことを通称「裏」「裏引き」と呼びます。

・裏書き
キャバ嬢の指名をしていないお客様に、自分の名刺や電話番号などを渡すこと。裏書をすることで、よりお客様と仲良くなるチャンスが増え、指名されやすくなります。

・売掛(うりかけ)
お店のお得意さんや常連さんがお店で使った代金を時々「ツケ」にして変えることを言います。売掛のやっかいなところは、担当キャバ嬢が最悪の場合「代金を肩代わり」しなくてはなりません。

できるだけ売掛にならないように接客しましょう。

・ウェイティング
言葉の通り、「待っている」ことを言います。お店のキャバ嬢が少なく、客席やカウンターなどでお客様を待たせている状態。

上手な対応をしないと、待ちくたびれて帰ってしまうこともあるので気を付けましょう。

★【あ行のえ】
・延長料金
基本的に1set50分〇〇円とお店ごとに値段が設定されています。追加で時間を延ばす場合、延長料金が発生します。

延長される時間は30分単位で加算されるシステムです。

・営業電話
お客様に電話をかけ、お店に来てくれるようにお誘いをすることです。営業電話をするとしないとでは、お客様からの指名獲得や自分の認知度をアピールできません。

営業電話こそ、指名・給料アップ・認知度アップできる絶好のチャンスです!

・営業メール
お客様に定期的にメールを送って、コミュニケーションを取ること。営業電話をする前に、営業メールでお客様との親密さを築き上げましょう。

お客様によってはガラケーの方もいるので、メールアドレスは必ず用意しておくことをおすすめします!

・営業LINE
営業メールと同じで、LINEを使ってお客様とのコミュニケーションを取ること。

・永久指名
お店によって違いはあるかもしれませんが、1度自ら指名したキャバ嬢は「それ以降お店へ通っても」指名を変えられないルールのことです。

お客様がずっと指名してくれるので、キャバ嬢にとっては嬉しい名誉になります。

・営停(営業停止)
お店へ営業停止命令が出され、事実上の閉店に。キャバ嬢にとってはつらい痛手になる出来事です。

・枝(枝客)
常連客と一緒に来た連れの(フリー)お客様のこと。すでにお店に通っており、指名しているお客様を「幹(みき)」、付き添われたフリーで来てくれたお客様を「枝(えだ)」とたとえた言葉です。

★【あ行のお】
・オープン
お店の営業開始。キャバ嬢として働くなら、お店のオープン時間はしっかり把握しておきましょう。

・オープンラスト
お店の開店から閉店までいるお客様のこと。別名「オーラス」と呼ばれることもあります。お店にとってはずっと飲んでくれるお客様なので、優遇される存在です。

・オールタイム
お店のオープンからラスト(閉店)までの間で、何時に入店してもお店のセット料金が変わらないことをいいます。たとえばお店の「オールタイム料金が¥4,000」だった場合、営業時間内であれば何時にお店へ入っても¥4,000円です。

ただし、あくまでセット料金なので、お酒の注文や指名、フルーツなどを注文すればお金は加算されます。

・親バレ
家族にキャバクラで勤めていることがバレてしまうこと。キャバ嬢として働いていることがバレるとはちょっと…と思っている方はバレない対策方法を取っておきましょう。

・お願いします
キャバ嬢がお店のスタッフやボーイを呼ぶときに使う言葉。

・お見送り
お客様の会計が終わり、お店の外までお見送りすること。お客様によっては店外で話し込んで長居することもあるので、上手く切り上げるようにしておきましょう。

・送り
仕事が終わったキャバ嬢を自宅まで車で送ってくれることを「送り」といいます。お店によって、無料・有料があるので求人募集やお店の面接時に送りがどういうシステムになっているのかを事前に把握しておきましょう。

・お茶を引く
指名が全然取れず、待機部屋でずっと座っているキャバ嬢のこと。お店によっては減給対象になる場合もあるので、注意しましょう。

・オンリー
来店したお客様にキャバ嬢が一人も付いていないこと。お店側として、せっかく来店してくれたお客様に対してとても失礼に値してしまうことなので、見かけた際は必ずスタッフやボーイに声がけをしてください。

・オーダーマッチ
お客様の相手をしており、スタッフを呼べないときに利用できる合図のこと。キャバ嬢自身がライターを付け、男性スタッフやボーイをこっそり呼ぶことができます。

【か行~】キャバクラ用語

か行かきくけこ

か行から始まるキャバクラ用語は、店内やキャバ嬢同士の会話などで出てくることが多い用語ばかりです。

知っておくと、スタッフや先輩キャバ嬢との会話をスムーズにできることができるので覚えておきましょう。

★【か行のか】
・顔出しNG
お店のHPページに自分の顔写真を載せたくない、載せてほしくないことをいいます。

多くのキャバ嬢ができれば家族や知人、恋人にキャバクラ勤めがバレてしまうことに対して抵抗があります。そのため、採用時に自分の顔写真は公開NGということをお店側に伝えないとお店のHPに自分の顔写真が載ってしまうことも…。

・顔出し
顔出しNGとは真逆で、お店のHPや入り口看板などに顔写真を大体的に載せてもOK。メリットとしては、指名が取りやすくなり、知名度が上がりやすいところです。

ただし、難点として家族や知人にバレる確率がグッと上がるので、バレたくない方にはおすすめできません。

・顔バレ
家族や知人、恋人にキャバクラ勤めがバレてしまうこと。

・掛け持ち
キャバクラ以外でお仕事をしていて、本業はお昼の仕事。ダブルワークでキャバ嬢をやっている女性の方も多いです。

・掛け縛り
お客様の支払いのツケを使って、脅迫などを行う行為のことをいいます。
キャバクラで仕事をしている上で、絶対にしてはいけないことです。たとえお客様の支払いが溜まってきたとしても、自ら何かをするというより「周りのスタッフ」や「先輩」に早めの相談をしておくことが大事です。

決して、警察沙汰やお店から解雇などに巻き込まれないように十分注意しましょう。

・完全飲み直し制
延長料金がないお店に使われる用語です。長い時間店内でお酒を飲み、一定(お店が決めた時間外)の時間を過ぎると、追加で1set分のお金が発生します。

・カード
クレジットカードのこと。

・カラチケ
カラオケのチケットの略。主にスナックで使われる用語。
お店によってチケットの枚数は違いますが、10枚・11枚つづりなどで販売されています。

・飾りボトル
ボトルの中身にはお酒が入っていなく、テーブルや店内装飾用のための飾り用ボトルのこと。

・空名刺
1日体験入店しているキャバ嬢や新人キャバ嬢が使う「名前部分が真っ白になっている名刺」のこと。

最初のうち、名刺がすぐに作られることは極めて少ないので、空名刺に自分の名前を書いて、お客様に自己紹介します。

・カワシボ
乾いたおしぼり。

・乾きもの(別名:チャーム)
ドーナツや柿の種、ポッキーなどの乾いたお菓子類のこと。お客様が席に座ったときに、自動的にだされます。

★【か行のき】
・客引き
お店の外でお客様へ来店してもらえるように声かけをすること。ただし、現在法律で禁止されている行為のため、客引きを行っているキャバ嬢がいるお店は危ういと判断したほうがいいです。

・キャッチ
路上を歩いているキャバ嬢や女の子に対して、スカウトを行うこと。通称「客引き」。客引きと同じように、法律で禁止されているため危険です。

・キャスト
キャバクラに勤めている(在籍)女の子のことをキャストと呼びます。
キャバ嬢→利用者や一般人
お店のスタッフやボーイ→キャスト

・キャバドル
トップキャバ嬢に与えられる称号的なもの。店内でも人気かつ、容姿端麗・スタイル抜群のキャバ嬢で、アイドルのようにキラキラしている。

キャバ嬢雑誌やメディアなどでも紹介されるほど、カリスマ性があるキャバ嬢。

・キモ客
キャバ嬢同士の会話で時々出てくる言葉。言葉の通り、外見や性格などが気持ち悪いお客様に対して使っています。

・キープボトル
5,000円から最高100万円単位の高いボトルで、1本1本買うことができます。ハウスボトル(セット料金内のお酒ボトル)より高く、キャストとお客様が飲めるお酒。

・疑似恋愛
疑似、つまり架空の恋愛をすること。キャバ嬢と

★【か行のく】
・黒服
黒いスーツを着用している男性スタッフ・ボーイのこと。

・口開け
お店がオープンし、1番最初に来店したお客様のことを口開けといいます。

・クローク(クロークルーム)
お客様が来店したときの手荷物、コートやジャケットなどを預かる場所。

・クレーム
一般的に、クレーム=苦情という意味でお客様からクレームをもらってしまうと、お店へ来店してくれるお客様が減ってしまう恐れがあります。

いかにクレームを貰わず接客できるのかがキャバ嬢の腕の見せ所です。

・クラブ
キャバクラ店より高級感があり、会員制や時間制限がないお店のことをいいます。
キャバクラの1対1の接客ではなく、数人の女の子対お客様が基本的になります。

★【か行のけ】
・源氏名
お店で使う名前。自分の本名ではなく、お客様やお店のスタッフが親しみやすいような名前をつけること。

キャバ嬢によっては本名を使う方も。

・研修
研修では新人キャバ嬢のために、男性スタッフがお客様の役をやり、実際どのように接客を行うのかを実践的に行います。

お酒の作り方から接客時に使う言葉、仕草などを教えてくれます。

・ゲスタン
お客様のタンブラーのことで、正式名称はゲストタンブラー。
ゲスタンが空いてる場合、お客様のお酒がなくなっていることを示しているので、すぐさまお酒を入れるようにしっかりとみておくようにしましょう。

★【か行のこ】
・コール
ドリンクの注文をするときに、男性スタッフに向けてキャバ嬢が呼ぶ(コール)すること。お店によって、ライターの火をつけることで、男性スタッフを呼ぶところもあります。

・コスプレ
季節やキャンペーン、誕生日会などで、水着や浴衣、バニーガールを着ること。
お店によって、着るコスチュームが違いますが、お客様を喜ばせ、集客をあげることができる一大イベント。

・固定客
自分の好きなキャバ嬢がいるお店に通い続けているお客様のこと。
固定客はお店側にとって安定した売り上げに繋げることができるので、固定客を持っているキャバ嬢はお店にとってもありがたい存在です。

【さ行~】キャバクラ用語

さ行さしすせそ

★【さ行のさ】
・サービス料
接客に対してお客様が支払ってくれる料金。
お店によって、セット料金に含まれている場合とセット料金外の場合があります。
セット料金は、お会計時にサービス料として10%~20%と頂きます。

・サバ読み
言葉の通り、年齢を偽ることを「サバ読み」といいます。お店によって、年齢層が比較的若い場合、年齢を5~10歳ほどサバ読みしていることがあります。

・再研修
新人キャバ嬢としての研修でお客様の前に出すのは難しい方や売り上げを全然出せないキャバ嬢に対して、再研修を行います。

★【さ行のし】
・趣味マク
趣味でお客様と肉体関係をもっている。仕事と別な感覚なため、枕営業とは違います。あくまで趣味という部類に入ります。

・指名
キャバ嬢として働く上で絶対に欲しいもの「指名」。お客様からの指名を取ることで、自分の給料や認知度を上げることができます。

・指名料
お客様が自分好みのキャバ嬢を指名するときに発生するお金のこと。勤め先のお店にもよりますが、指名料が発生すると一部のお金を自分へバックすることができます。

・指名替え
今まで指名し続けてくれたお客様が他のキャバ嬢へ指名を変えること。指名を奪われるキャバ嬢にとっては傷ついてしまう出来事です。

・自動延長
1セット50分~60分に対して、時間が過ぎてしまうと「自動的に時間が延長される」ことをいいます。

なので、1セット50分の場合、51分後には自動的に30分追加され「追加料金」が発生します。

・GS(ジーエス)
キャバ嬢が最初に飲むドリンクのことで、お店側が用意した飲み物。

・シャンパンコール
お客様がシャンパンを注文したときに盛り上げるための呼びかけ。主にお店の男性スタッフがシャンパンコールをします。

・写真名刺
自分の顔写真が写っている名刺のこと。

・ショータイム
決まった時間やイベントなどで女の子が出演しているショーの時間。

・自由出勤
人気キャバ嬢や売り上げを常に出しているキャバ嬢などに適用される出勤システム。

出勤時間が決められていないので、自分の好きな時間に出勤可能。ただし、事前にお店側に「〇〇に出勤します」と伝える必要があります。

主に、売り上げを出している繁盛店などに適用されるものです。

・終礼
お店が閉店した後に行われるミーティング。終礼では、その日の出来事や売り上げ、反省点などをみんなで話し合います。

・地雷嬢
お店のスタッフや同僚のキャバ嬢、先輩、お客様からも嫌われているキャバ嬢のこと。態度の悪さ、愛想の無さがないキャバ嬢によく使われる用語です。

・周年
お店が丸1年が経った、年数を表している用語。「〇〇店が〇周年を祝うイベントを開催します」など、お店にとって嬉しい出来事で、よりいい売り上げを出すことができるイベントのひとつ。

★【さ行のす】
・スツール
背もたれのない丸いイスのこと。

・ストレート
水で割るお酒をそのままで飲むこと。一切薄めずに飲むお酒のため、お酒が強くないと体的にきつく、二日酔いになりやすいです。

・スライドシステム
自分出している売り上げによって時給やバックが増える・減るシステム。
つまり、売り上げを出していて指名があれば増え、売り上げがなく・常に暇な場合は時給ダウンや出勤日数を減らすなどをします。

★【さ行のせ】
・繊細(繊細客)
一度の来店で大金を使う「太客」と違って、まったくお金を使わないお客様のこと。

・セクシーキャバクラ
普通のキャバクラの接客より、過激なものでお客様からのボディータッチやキスなどのサービスがOKなお店。通称「セクキャバ」。

キャバクラではアウトな接客サービスができてしまうので、その分給料が良い。

・セット料金
お店の基本料金=セット料金。通常1セット50分~60分で、追加料金や指名料、お酒の代金などは含まれていない料金のこと。

★【さ行のそ】
・送迎
仕事終わりに自宅まで送ってくれるサービス。有料と無料があるので、気を付けるようにしましょう。

・育てる
お金を使わないお客様に、時間をかけてお金を使わせようと育てること。キャバ嬢の腕の見せ所でもあり、いかに自然にお金をたくさん払ってもらえるかを教育します。

・粗相(そそう)
お客様に失礼なことをしているキャバ嬢に対して使う言葉。

【た行~】キャバクラ用語

た行たちつてと

★【た行のた】
・体験入店
色んなキャバクラ店で採用されている「体験入店」、通称「体入」。初めてキャバクラで働く女の子たちがお店の雰囲気や仕事内容を自ら体験できます。

体験入店でも日払いバイトと同じように、時給が高いので挑戦しやすいのが特徴です。主に1,300円~のお店が多く、高級キャバクラだと時給4,000円~が一般的です。

・体入荒らし
お店(キャバクラ)に勤める気は全くなく、日雇い感覚で色んなお店の体入をしている女性のこと。

・ダブル(ダブル指名)
基本1対1の接客ですが、気に入った女の子が2人いるときに使われます。ダブル指名するお客様は、指名料が2人かかるので金銭面的に余裕があり、遊びなれている人。

・待機
お客様の指名を貰えず、待機部屋でずっと待っている状態のこと。

・竹の子はぎ
会計時の料金が細かすぎることを竹の子はぎといいます。意味としては、どんだけ剥いでも細かい料金設定がでてきてしまう。

法外な料金設定を行うお店は、良心的とはいえません。主に、ぼったくりといわれるお店は竹の子はぎをしていることが多いです。

★【た行のち】
・チェイサー
お水のことです。キャバクラの場合、度数の高いウイスキーやテキーラなどを飲むときに、同時に用意しておきます。

・チェック(サクラ)
お会計時に使われる言葉で、「清算」や「御あいそう」という意味があります。

・チェンジ
お客様が使う言葉で、キャバ嬢を変えたいときに使います。

・チャンスボトル
お客様のボトルが底をつき、なくなりそうなボトルのこと。

お酒を飲み切ることで、新たなボトルを入れてくれるかもしれない。つまり、チャンスがあるボトルという意味です。キャバ嬢によって、お客様を上手いことのせて飲み干し、新たなボトルを入れてもらうことも。

★【た行のつ】
・ツメシボ
冷たいおしぼりの略。お客様の手が汚れた場合や退店するときに渡します。

・付け回し
キャバ嬢が別の席へ移動するときに使われる言葉で、次の席はどこへ行けばいいのかを男性スタッフやボーイが決めます。

お店の売り上げに繋がる大事な仕事なので、手際が悪いとお客様を待たせる羽目になり、クレームになってしまうリスクがでてきます。

★【た行のて】
・出禁
お店への出入りを禁ずること。暴言や暴力など、お店側に対して悪影響を与えるお客様に対して行われるものです。

・鉄板
店内のキャバ嬢やスタッフが使う言葉で、お客様がキャバ嬢に対して「夢中」になっていることがはっきりとわかることを「鉄板」といいます。

・店カラ
朝キャバや昼キャバで働いているキャバ嬢がよく使う言葉です。お店がオープンしているにも関わらず、お客様が誰も来ない状態のことです。

・デキャンタ
正式名「デキャンタージュ」。ワインを移し替える行為、またはワインを移し替える容器のこと。

・店泊
お店に泊まることで、主に男性スタッフが寝泊まりしていることが多い。

・天引き
給料から引かれること。ヘアメイク代やドレス代、その他雑費が給料から引かれます。ただ、自分に見覚えがない費用が引かれたときは、鵜呑みにせず、必ずスタッフに聞くことをおすすめします。

★【た行のと】
・同伴
お店に来る前に、キャバ嬢と食事やカラオケなどをすること。時給が発生しない、勤務外の仕事です。アフターの反対。

・同伴料
キャバ嬢と同伴したときにもらえるお金のことで、お店にもよりますがだいたい一部の同伴料がバックされるようになっています。

・通し
お店のオープンから閉店まで仕事すること。通しは勤務時間が長いため、連続で通しをやってしまうと体へのダメージが大きくなります。

・トーション
ドレスの汚れを防ぐことやパンチラ防止などに使うひざ掛け。

・飛ぶ
連絡なしにお店へ来なくなること。お店を辞めたいと考えているキャバ嬢がしてしまうことで、給料日前になると飛んでしまう女の子も多いです。

ただし、どんなに辞めると伝えることが嫌でも、逃げずにお店に「辞める」ことを伝えましょう。

・友達営業
キャバ嬢とお客様同士がまるで友達のようなフランクな関係であるような接客方法。基本的に楽しくて、自分の性格やペースを尊重しながら接客できます。

・ドリンク攻撃
お客様におねだりをして、ドリンクをもらう営業方法。お店によりますが、お酒をお客様からねだるのはあまりよくありません。

礼儀としていい印象をあたえるには、いかにねだらずにお客様から「飲んでいいよ」といわれるようなキャバ嬢になれるかどうかです。

・トレンチ
男性スタッフやボーイが持っている銀色のお盆。お店によって、違う場合もあります。

・トング
キャバクラでは、お酒を作るときに必要な氷をつかむ道具のことをいいます。

・ドンペリ
知っている方も多いと思いますが、シャンパンのなかでも最も高級なお酒は「ドンペリ」です。

【な行~】キャバクラ用語

な行なにぬねの

★【な行のな】
・ナンバーワン/ナンバーツー
お店に対して、売り上げを出しているキャバ嬢をランク付けすること。最高売り上げを出している女の子は「ナンバー1」。次にナンバー2と、キャバ嬢として名誉ある称号です。

・七つ道具
キャバ嬢として働く上で、必ず持っておくべき7つの道具。
名刺、メモ帳、スマホ、ハンカチ、ペン、メイク道具、ライターは必需品です。

★【な行のに】
・入店指導
お店へ入店したときに教えてもらう指導のことで、基本的なあいさつから、お店のルール、接客など全体なことを一から教わります。

・ニールダウン
お店に来てくれるお客様を尊重、特別扱いをしている意味合いも込めて、膝を床につけた状態で接客する方法。

・ニュークラブ
クラブのようなキャバクラ店。お店の見た目は一般のキャバクラより高級感があり、料金はキャバクラより高めで、クラブより安いというイメージ。

・ニューボトル
お客様が新しく入れたボトルのこと。

・ニッパチ
2と8を合体させた言葉で、2月と8月が閑散期(かんさんき)であることを意味します。

★【な行のぬ】
・抜く/抜かれる
お客様と会話中のキャバ嬢をほかの席へ移動させること。

★【な行のね】
・ネームプレート
お客様のボトルにかかっている名前の札のことで、キープボトルにかかっていることが多い。

・ネクター
ピーチネクターの略。(お酒)

・年確
年齢確認の略称。

★【な行のの】
・飲みキャラ
お酒をよく飲むキャバ嬢のことで、お酒を気持ちよく飲んでくれるのでお客様にも好かれやすいキャラ。ただ、飲みキャラは体調を崩してしまいやすいので、無理にたくさん飲むことはあまりおすすめしません。

・ノルマ
お店によって違いはありますが、同伴やアフター、指名など1ヶ月で成し遂げなければいけない目標みたいなもの。ノルマが達成すると給料アップなどのメリットがありますが、逆にノルマ未達成の場合は罰金対象になることも…。

【は行~】キャバクラ用語

は行はひふへほ

★【は行のは】
・爆弾
お店内で禁止されている行為のことを「爆弾」といいます。たとえば、お客様にお酒をねだる、裏で金品の受け取りをしているなど。

お店ごとに決まったルールがあるので、禁止されていることは決してやらないようにしましょう。

・爆弾サイト
お店に勤めている女の子の悪口や個人情報を流出しているような裏サイト。

・罰金
無断欠勤や遅刻、ノルマ未達成などに発生するお金のこと。せっかく頑張って働いても、罰金対象になってしまうことを次々とやってしまうのはよくありません。

無駄なお金を引かれないように、気を引き締めて仕事に臨みましょう。

・箱(はこ)
お店のこと。

・ハウスボトル
焼酎やウイスキー、ワインなどセット料金に含まれている飲み放題のお酒。

・バック
同伴や指名、目標達成など、お店への貢献をしたときに給料に還元されるお金。バックがあることによって、キャバ嬢としてのモチベーションアップや自分の夢の資金への大きな一歩となります。

・バックレ
無断でお店を辞めること。

・派閥
お店にもよりますが、女の子同士でのグループ。わかりやすくいうと、ナンバー1キャバ嬢が率いるお姉さま系とナンバー2率いる小悪魔系のようなイメージです。

派閥があることによって、陰湿ないじめが起きてしまうことも…。

・バンス
給料を前借りすることを「バンス」といいます。

★【は行のひ】
・昼キャバ
昼からオープンしているキャバクラに勤めているキャバ嬢。

・VIP
多くのお店が採用しているVIPルーム。大人数が利用できるVIPルームは、個室で高級感が味わえる特別な部屋。

・ビンダ
直接瓶からお酒を飲む行為のことで、ラッパ飲みとも呼ばれています。

・ビフォアー
同伴と似ていますが、出勤前にお客様と食事をすること。ただし、違う点としてその後、お店へ来店してくれるかはお客様次第。

ビフォアーを同伴に変えるには、キャバ嬢の腕の見せ所です。いかに、自然な感じでお店へと誘うのかが重要になってきます。

・ピン客
ひとりでお店に来店してくれるお客様。ピン客でお店へ来るお客様は、大抵指名したいキャバ嬢が決まっています。

なので、ヘルプでピン客の隣に座る場合は、毛嫌いされないように接客を工夫しましょう。

★【は行のふ】
・歩合
基本給と別で、頑張り次第でもらえるお金のこと。キャバクラでは、お店の売り上げ貢献をした方に対してもらえます。

・風紀
学校で使われる風紀とは意味合いが違います。キャバクラでの風紀は、キャバ嬢と男性スタッフによる恋愛関係。
お店の原則として、恋愛関係を持つのは禁じられています。そのため、もし男性スタッフから言い寄られている場合は、色恋営業の可能性が非常に高いです。

・太客
一度の来店で大金を使ってくれるお客様のことです。太客の指名を取ることで、大きくお店に貢献することができます。

お店への貢献は、バックという形で自分の給料として返ってくるので太客は逃がせられないほど大事なお客様です。

・フルート
シャンパングラスのことを別名「フルート」と呼びます。

★【は行のへ】
・ペナルティ
遅刻やお客様への失礼な態度、無断欠勤などがペナルティ対象です。多くのお店が罰金、または雑用でペナルティを解決します。

・ヘルプ
指名したキャバ嬢がお客様の席に着くまで、ヘルプ(代わり)のキャバ嬢がお客様の接客をすること。

★【は行のほ】
・細客
太客の反対で、お金をあまり使わないお客様のこと。

・保証荒らし
体入荒らしと似ている部分があり、主に給料が保証されている期間だけ働く女の子のこと。保証期間が終わると同時にお店をやめてしまうので、お店側から嫌われてしまう対象になります。

・保証期間
ノルマや罰金などがない期間で、お店へ入店したキャバ嬢が数ヶ月保証されます。たとえ指名が取れなくても、しっかりと給料をもらうことができます。

・坊主
お店に出勤しているにも関わらず、指名を全くもらえないこと。お店にとってはマイナスになる存在になってしまうので、早上がりや減給対象者になりやすい。

【ま行~】キャバクラ用語

ま行まみむめも

★【ま行のま】
・枕営業
お客様と肉体関係を持つことで、お店へ来店してもらう営業方法。肉体関係はトラブルの元になってしまう危険性があります。

肉体関係を持っていたとしても、長くお店へ通ってくれる保証はどこにもありません。お店を辞めた後でも、付きまとわれてしまう恐れもあるので十分に気を付けましょう。

★【ま行のま】
・マグロ
キャバクラ店で使われる「マグロ」とは、お客様が席についているのにも関わらずリアクションをしない、喋らないキャバ嬢のことです。
マグロのような態度を取るキャバ嬢は、お店に来てくれるお客様にとって失礼です。

会話が苦手、もしくは話したくないお客様でも「お仕事」という意識をしっかり持ち、できるだけ笑顔で接客するように頑張りましょう。

・マニア
キャバクラ店の内情について詳しい人のこと。マニアと言われるだけあって、キャバ嬢がいつ辞め、どこへ移転したのかまで把握している。

・ママ
お店を切り盛りするメイン人物。ママ=カリスマ性やお店の顔と言われるほど大切な存在です。

・マルメン
太っているお客様に対して、裏で使う用語。店内でお客様の陰口や悪口を言うのはおすすめしません。どれだけこっそり話したとしても、誰か聞いている可能性はあります。

・幹(かん)
新規のお客様を連れてきてくれるお店の常連さんのことを「幹」といいます。
常に指名してくれる常連さん→幹
常連さんの連れ(フリーのお客様)→枝

・マイナス営業
お客様の数がキャバ嬢より多い状態で1対1の接客ができず、お店としてマイナスな営業をお客様に提供している。

・マスコミ手当
雑誌やお店のHP、フリーペーパーなど、キャバ嬢として取材を受けるときにもらえるお金のこと。顔バレすることで認知度や人気上昇に繋がり、高い報酬をもえる。

★【ま行のみ】
・水割り
お酒を水で割ること。度数の高いお酒を水で割ることで飲みやすくすることができます。その他にも、ロックやストレートなどの飲み方もあります。

・店年齢
自分の実際の年齢を偽り、お店が決めた嘘の年齢をお客様に名乗ってること。

・ミネ
ミネラルウォーターの略。

・水揚げ
結婚のため、水商売を卒業するキャバ嬢のことを「水揚げ」といいます。

★【ま行のむ】
・むらさき
お醬油のこと。

・無理やり指名
言葉の通り、指名をもらうためにお客様に無理やり自分を選んでもらうこと。無理やり指名はお客様にとっても、お店にとっても嫌な気持ちになってしまう行為です。

決してやらないように、地道な営業や接客をより良い形でアピールできるように心がけましょう。

★【ま行のめ】
・メンバー
お店にとってかけがないお客様のことで、常連さんや一度にお金を支払ってくれるお客様などに与えられた称号。

・メンズキャバクラ
キャバクラの男性版。ホストクラブと違って、料金システムが違います。時間制限があるメンズキャバクラは、一定の時間を過ぎると延長料金がかかってしまいます。

★【ま行のも】
・持ち込み
お店に食べ物や飲み物を持ち込むことで、お店によって持ち込みOK、または持ち込みとして料金を頂くことがあります。

【や行~】キャバクラ用語

や行やゆよ

★【や行のや】
・雇われ店長
お店の経営権を持っているオーナーに雇われている店長。

・やり目
キャバクラ店に通う大きな理由として、単純に話したい・楽しみたいというより「キャバ嬢と肉体関係を持ちたい」と思っているお客様のこと。

★【や行のゆ】
・幽霊部員
お店に在籍しているものの、全く出勤しないキャバ嬢のこと。

・友人紹介料
自分の友達をお店に紹介することでもらえる料金のこと。

★【や行のよ】
・呼び込み
お店の前で男性客を店へ来てもらえるように声掛けをすることで、お店から離れすぎると客引きと判断されるので注意しましょう。

※客引きは法律違反です。

【ら行~】キャバクラ用語

ら行らりるれろ

★【ら行のら】
・ラストソング
お店の閉店時に流れる音楽のことで、カラオケが完備されているお店ではキャバ嬢が歌う場合もあります。

・ラスト
お店の閉店時間のこと。風営法により、深夜0時までにお店を閉める必要があります。0時以降に営業しているお店は違法店の可能性が高いです。

★【ら行のり】
・レインボー
いろんな色が合わせったドンペリをレインボーと呼び、最高級のお酒。

・リピーター
お店を気に入ってくれ、定期的にお店へ来てくれるお客様のこと。

★【ら行のろ】
・ロマネ
最高級の赤ワインロマネコンティの略で、年代によって価格が違う。ものによっては、1本300万円するほど高価。

【わ・を・ん】キャバクラ用語

わ行わをん

最後は、「わ」の用語で終わりです。

★【わ】
・割りもの
お酒を割っている飲み物のこと。

・割引チケット
お店の料金が安くなるチケット。お店のHPやスマホ会員、キャバ嬢からもらえます。

まとめ

キャバクラ用語をマスターして、仕事をスムーズにこなせるようになりましょう!

お店を選ぶなら、こだわり条件や体験入店の日付などを細かく決めれる「ポケパラ体入」がおすすめです♡

全国のナイトワーク求人がいっぱいで、口コミ数も50,000件集まっています。高収入×高額バイト情報のお店を探すなら、ポケパラ体入をチェック!

記事一覧へ

新着記事

ページトップへ