ポケパラ4Uロゴ

「ポケパラ4U(ふぉーゆー)」はキャバクラ初心者の子のためのHow Toや、いまスグ使えるステップアップ術などキャバクラで稼ぎたい女の子のための情報メディア。今をもっと楽しくさせる。

キャバクラの体入荒らしは嫌われる!?短期間で自分に合うお店の見つけ方

キャバクラの体入荒らしは嫌われる!? 短期間で自分に合うお店を見つける方法 用語解説

もしかして、わたしって体入荒らしなの!?

水商売の最大のメリットは、未経験でも高収入を稼ぐことができるという点でしょう。せっかくなら、「時給」「お店の雰囲気」「スタッフとの関係」などの自分の条件に合うお店で稼ぎたいと思いますよね。

しかし、お店側からするとそれは体入荒らしになっている可能性があります。そもそも、体入荒らしとは本入店の意思がないにもかかわらず、いろんなお店に体入(体験入店)する行為のことをいいます。

お店側からするとキャバクラの体入を繰り返している人は働く意志がないと判断してしまいます。そのため体入荒らしを疑われてしまうと、いざ、他のお店の面接を受けるときに落ちてしまう可能性が高くなるのです。

そこで、この記事では体入荒らしが疑われてしまう女の子の特徴から、お店側に嫌われる原因、短期間で自分の条件に合うお店の見つける方法をご紹介します。

目次

キャバクラの体入荒らしってなに?

メガホン

キャバクラの体入荒らしは体験入店を受け付けているお店に面接に行き、本入店せずいろんなお店に1日体験をする行為のことです。

体入荒らしをするメリットは、
  • 日払いでお給料をもらえる
  • 体験入店の方が高時給
  • 仕事量を増やせる
  • ノルマや罰金もなく気楽に働ける
  • 人間関係に悩まない

などがあります。

しかし、反対にキャバクラのお店側から嫌われてしまったり、最悪の場合体験入店&本入店ができなくなることがあります。

基本的に、キャバクラの体入荒らしと言っても女の子によって大きく2つの目的に分けられます。

  1. 本入店する気がなく、体験入店でお金を稼ぎたい
  2. 自分に合うお店を探すため、いろんな店舗で体験入店したい

1つ目は本入店の時給に比べて、体験入店の時給の方が高く設定されています。そのためちょっとした小遣い稼ぎを目的で、1日だけ働いてお金をもらう人です。2つ目は真面目に自分に合うお店を探しているだけです。

しかし、お店側からすると体入荒らしをされているんじゃないかと警戒心を高めてしまいます。こういった真面目にお店を探す人にとって不利になりますよね。なので、もし短期間で自分に合うお店を真剣に探しているのであれば、探すポイントを抑えることが大切です。

キャバクラの体入荒らし|本入店の目的がない女の子の特徴

怒っている女性

2.1お店のシステムなどの説明を聞き流す

お給料のシステム、ノルマの有無など、お店で働いていくために必要な大切な話を聞き流してしまうことがあげられます。

長期間働く気がないからこそ取ってしまいがちですが、お店にとって悪い印象を与えてしまうため困った特徴と言えるでしょう。

2.2面接終わりや体入時の接客態度の悪さ

愛想のない態度の多くは、面接が終わった瞬間にわかります。露骨に表情が悪くなり、挨拶がないままお店を出てしまう人。お店側からすると、せっかく時間を作り、面接をしたにもかかわらず態度が悪いのはマイナスです。

さらに、体験入店で実際お客さんの接客をするときの態度からもやる気のなさや愛想の悪さを感じることができます。お店で働く女の子やスタッフからしても、お客さんに迷惑がかかってしまうので良い印象を抱くことはありません。

2.3体入するための面接アピールが必死過ぎる

体験入店をしたいがために、面接では必死になって、聞こえのいい言葉を使う女の子も。 出勤希望日は「いつでも大丈夫です!」などと言って、一見するとお店にとってありがたく見える女の子もいます。

しかしこれももちろん嘘なので、安定した出勤を求めているお店としては、結果的に迷惑となってしまいます。

2.4面接時の服装やメイクなどが雑

体験入店だけだからといって面接に力を入れず、ラフなジーパンなどの服装で来て、 適当な態度を取る女の子もいます。

しかし、お店としても、あまりに適当な格好で来る女の子は採用しなかったりするので、そもそも体験入店に関わらず気をつけた方がよいポイントでしょう。

関連記事

【客ウケ】キャバ嬢メイクで男性客をメロメロにする映えるメイク法3選>

2019年10月04日
関連記事

キャバクラ体入持ち物リスト!これさえ読めば体入時に必要なものがわかる!>

2020年01月21日

2.5お給料を受け取ったらさっさと帰る

体験入店では日払いのお給料のケースが多いです。日払いを受け取ったらすぐにお店を出て、帰ってしまう人はお店側からすると体入荒らしだと判断されやすいです。

お店のスタッフは今日の接客やお店の雰囲気、客層、働きたいと思ったかどうかなど、聞きたいことはたくさんあります。今後の話をする前に、さっさと店外に出てしまうのも体入荒らしの特徴です。

キャバクラの体入荒らしはお店から嫌われる!3つの原因

小花

体入荒らしは以下の3つの原因で嫌われます。

  • 体験入店のいいとこ取りをしている
  • 指導にかける時間や労力が報われない
  • 接客態度が悪い

それではお店が体入荒らしを嫌う原因を一緒に見ていきましょう。

3.1体験入店のいいとこ取りだから

お店では、働いてくれる女の子を育てるために体験入店を行っています。忙しいなかで時間を作って、丁寧に説明をします。それから条件の確認などをして高待遇の体験入店の時給を用意したりと、体験入店にかなりの力を入れています。

働く気がないのに何度も体験入店をするのは、高額な日払いのお給料などの「体験入店のいいとこ取り」で、お店側のメリットがありません。お店としては本入店してほしいと期待して応対をしてくれるのに、その期待を裏切ることにもなってしまいます。

3.2時間や労力、お金がかかるから

面接も含め、体験入店はお店側の時間を使うことになります。お店は女の子が入店する前提でルール説明や指導などをするので、大変な労力が必要です。

体験入店の女の子の時給が高待遇なのは、新しい女の子に本入店してほしいという気持ちがあるからです。それらのお店の都合を考えていないので、体入荒らしは嫌われてしまいます。

お店側でも体入荒らしを防ぎたいので、何店舗か体験入店を繰り返して本入店しなかった女の子はお店同士の連携により、その地域では働けなくするなどの対策を取っています。

3.3接客態度が酷いから

体入荒らしをするだけの女の子は、どうしても接客がおろそかになってしまうことがあります。 お客さんにもう会わないだろうと考えるので、自分がどう思われてもへっちゃら、といった態度を取ってしまいがちです。

しかし、接客態度が悪いキャバ嬢はお店の評判が落ちるばかりか、売り上げに悪影響まで及ぼしかねません。 お客さんにとって、自己紹介をしない限り働いているキャバ嬢が体験入店の子か在籍している子かは区別がつきません。

ドリンクを飲み残して席を立ったり、別の席でお客さんの悪口を言ったり、お客さんの話を聞かなかったりするケースもありますが、体験入店の子だと分からない以上、その行動は直接店の悪評になってしまいます。

短期間で自分に合うお店を見つけて働こう

レストラン

自分に合ったお店を見つけるには、自分が何を重要視しているかを考えて、次のような要素に気を付けてみるとよいでしょう。

4.1.客層に気を配る

お店に来るお客さんの年齢、職業、年収などの「客層」は、お店のある地域やお店がターゲットとする層、お店の雰囲気などによってかなり変わってきます。

自分にとって働きやすい「良い」お客さんが多いお店を見つけることは重要です。 事前にその地域やお店について、口コミや評判などを下調べしておくと良いでしょう。

サラリーマン風のお客さんがいい、ノリのいい若いお客さんの方が合っている、大企業の社長さんを相手にしたいなど、自分に適した客層のお店を見つけてから連絡を取りましょう。

関連記事

キャバクラに来る客を細かくタイプ分け!個性豊かなお客さんの取扱説明書>

2019年12月04日

4.3.スタッフの様子を見る

自分に合ったお店に欠かせないのは職場環境です。長く勤めるためには、自分が過ごしやすい場所であることも必要でしょう。

一般的にスタッフが、
  • 女の子の話を聞いてくれたり相談に乗ってくれるか
  • お客さんのタイプを見極められる、仕事のできる人か

といった点をクリアすると、働きやすい環境であることが多いようです。

それらに気をつけるために、面接の予約の電話などの際の対応をよく観察してみてください。実際に聞かなくては分からない部分に気をつけましょう。

適当な対応をされたり、スタッフの敬語がしっかりしていない場合は要注意です。

キャバクラでは体入荒らしをせず自分に合ったお店で働こう!

いかがでしたか? 体験入店はとても便利で、女の子にとっても助かる制度ですが、お店や自分へのデメ リットを考えると、体入荒らしをすることは避けたいですね。

お店側としても、女の子が体入荒らしかどうかを見極めるようにしています。せっかく真剣 に面接へ行っても、体入荒らしだと勘違いされて不合格になってしまってはいけません。

そうならないように今回ご紹介した態度や発言に気をつけて、なるべく短期間で自分に 合ったお店を探していきましょう!

記事一覧へ

新着記事

ページトップへ